第16回こうのす花火大会に行く

当初の予定では、7日に開催予定だったこうのす花火大会だが、雨天による会場コンディションの都合により、本日8日に延期されたので、見に行ってみることにした。

本当はバイクで行こうかと考えていたのだが、8月の事故で負傷した右手が未だに痛くて、バイクを運転するのがきついので、電車で行くことにした。

DSCN9458

花火大会に行く前に、さいたま市にある鉄道博物館に立ち寄り。

意外と広い博物館で見所は多い。

DSCN9478

鉄道ジオラマも、物凄いクオリティの物が展示されており、朝の通勤電車の運行やら新幹線の運行やらが、解説付きで見れたりした。

DSCN9513

滅多に見れない新幹線の下を見れたりした。

DSCN9535

御料車まで展示されていた。

こんな貴重な車両、写真ですら今まで見たことない。

もはや車両自体が国の重要文化財になっているようだ。

DSCN9517

DSCN9523

新幹線の運転席に入れたりもする。

初代新幹線のひかりなので、スピードメーターは260km/hまでのようだ。

 

他にも鉄道シミュレータ等もあるのだが、行列はそれほど長くないものの、待ち時間が60分とかなり長かったため、シミュレータは諦めた。

まぁやっても電車でGOと大して変わらないような気がする…。

DSCN9468

今年で10週年を迎え、色々見所があって、かなり凄い鉄道博物館だが、今後もさらに拡張されるようだ。

普段通勤電車しか乗らず、電車で旅をする事があまりないので、鉄道=仕事というイメージしか無いのだが、この博物館の盛況ぶりを見ると、鉄道好きって多いんだなぁと実感できる。

 

DSCN9551

鉄道博物館をあとにして、こうのす花火大会会場に移動。

前回2015年に来た時は吉見会場だったが、今回はgooglemap上に「こうのす花火大会無料観覧会場」と書いてある場所で見学。

ちなみに鴻巣駅から歩いて30分くらいかかる…特にバスとかは運行されてないので、徒歩でくるしかない模様。

DSCN9559

本来は18時から花火があがるはずだったのだが、なんだかトラブルがあったらしくてちょっと遅れて花火が上がり始めた。

天候も良いし、風向きも風上なので、煙がすぐに流れてくれて、かなり花火がよく見える!

IMG_20171008_200140

基本的にはスターマインと同時打ち上げ花火が多くて、単発打ち上げ花火は殆どない感じだった。

曲に合わせて打ち上がる花火も多く、北斗の拳の「愛を取り戻せ」やら、よくわからん演歌みたいな曲やらネタに走った花火も多かった。

IMG_20171008_200210

トリはいつもの通り鳳凰乱舞なのだが、会場の危険エリア内に人が居るため打ち上げが待たされるハメに。

何分か待った後、「危険エリアから人が無事出ていってくれたので、打ち上げできます」と場内アナウンスが流れた時は、会場から笑い声が漏れた。

IMG_20171008_200239

例年通り、尺玉のスターマインの合間に三尺玉が上がる。

写真だとあまり大きさが伝わらないが、実際に見ていると本当にでかいし音も相当響いて凄い!

IMG_20171008_200438

去年は地上で爆発して失敗に終わった四尺玉も、今年は無事に打ち上がって成功!

やはり写真だとイマイチ大きさが伝わらないが、実際に見ると大迫力!

花火はやはり実際に見ないと凄さがわからないわ。

 

花火が終わった後は、速攻で撤収開始したが、河川敷周辺から抜け出すのが大混雑で大変だった。

逆に言えば、河川敷を抜けた後は、駅までは比較的にスムーズに進め、帰りの電車も臨時の上り電車用改札口が設置されていたおかげで、それほど苦労せずに帰れた。

駅から会場まで歩くのが大変だけど、意外と車やバイクで渋滞に嵌まるより、電車の方が楽なのかも?

カテゴリー: 日記 | コメントする

mouse compurer LB-9850WM7Rを購入

8月のSBBでの事故の時、トップケースにmouse computerのH116Kを積んでいたのだが、事故の衝撃で壊れてしまった。

またその壊れ方が微妙で、Windows7の起動ロゴから先に進まず、強制的に電源を切って再起動すると、セーフモードで起動して修復モードに入るのだが、何故か再起動すると、やはりWindows7のロゴで止まってしまうという。

HDDが壊れているかと思いきや、他のWindows10が入っているHDDを繋げると、デスクトップが映った瞬間フリーズするなど、根本的にHDD周りのコントロールがおかしい。

PC修理業者に見てもらった所、DVDから起動可能なOSからはシステムが起動可能だが、そこから内蔵HDDにアクセスしようとすると異常が起こるので、マザーボードが壊れているんじゃないかとの事。

そして、マザーボード交換となると、修理費用が4万円程度かかってしまうらしい…元々6万円くらいのPCに、4万円なんて払ってられっか!

DSCN9430

ヤフオクで安く売っていたLB-9850WM7Rを購入した。

調べてみたら、この筐体もLuvBook LB-S210と同じくH116Kなので、もしかしたらマザーボードを使いまわせるんじゃないか?と思った。

性能的にはCPUがPentium B980だったり、メモリが4GBしかなかったりとショボいが、どうせ載せ替えるのでどうでもいい。

DSCN9433

残念ながら液晶パネルが剥がれて壊れてしまっている。

このままだと使用するのに不便なので、LuvBook LB-S210SRの液晶パネルを移植して使うことにした。

DSCN9435

内部の構造はH116Kなので、LuvBook LB-S210と全く同じだ。

ただし、無線LANがWiMAX対応品にバージョンアップしているため、今まで使っていたHDDを繋げたらドライバを要求された。

それ以外は特に問題なく、普通に動作する模様。

DSCN9439

液晶ヒンジ部分を外す。単に嵌っているだけ。

DSCN9440

バッテリー裏の3本のネジを外すと、キーボード上部のパネルが外れてキーボードが外せる。

キーボードを外すとモニターコネクタが現れるのでそれを外す。

無線LANのアンテナと思しきものが、筐体裏までつながっているのでこれも外す。

液晶パネルは上部2本、下部2本の4本のネジで止まっているのでネジを外すと液晶部分を分離できる。

DSCN9445

無事液晶パネル部分を外すことができた。

あとはちゃんとした液晶パネルを元通りに組み上げるだけだ。

DSCN9447

仮組してちゃんと液晶が映るか確認。

特に問題はなさそうな感じだ。

あとはCPUをCore i5に載せ替えて、メモリも8GBに増設して、今まで通り使えるようにセットアップした。

もうこのH116K筐体のノートPCは3台目となるが、11.6インチという小型ノートPCで、Core i シリーズを搭載しているノートPCというのはなかなかないので、乗り換える気になれない。

mouse computerのノートPCは生産数が少ないため、秋葉原などを探してもなかなか在庫が見つからないので供給に難ありだが、代わりになるノートPCが登場するまでは、このH116Kを使い続けていきたい。

カテゴリー: 日記 | コメントする

思っていたより重症かも

先月のバイク事故より一ヶ月以上が経過した。

事故により主に右腕を負傷したのだが、全治2週間と診断された傷は、一ヶ月以上経った現在も、完治する気配はない。

事故直後は右手の腫れが酷かったのだが、それは一週間くらいで治ったので、これはすぐに完治すると思っていた。

だが2週間経過後くらいから、症状に改善が見られず、それどころかどんどん悪化していっているような感じすらしてきた。

とにかく右手首と肘の関節が痛くて、動かすと激痛が走る。

なんだか腕の可動領域も狭くなってしまっている感じだ。

痛いからといって、あまり動かさないと、腕が動かなくなるとのことなのだが、果たしてこんなに激痛が走るのに、無理に動かしていいものかどうか…。

 

これはさすがにおかしいと思い、病院に行って診察を受けてきた。

何か見落としがあるかもしれないとの事なので、3回目のレントゲン撮影を行ったが、特に骨に異常は見当たらなかった。

いままではスミルスチック3%という経皮吸収型鎮痛・消炎剤を処方されていたのだが、今回は飲み薬が処方された。

  • ロキソプロフェン錠 60mg 痛みや炎症を抑えたり、熱を下げます。
  • レバミピド錠 100mg 胃粘膜を修復して、胃潰瘍や胃炎の症状を改善します。

何故胃潰瘍の薬が処方されているのか謎だが(ロキソニンの副作用対策?)、ひとまずこの飲み薬を試してみて、2週間経っても改善が見られないようなら、今度はMRI検査をするという事になった。

 

右腕の痛みのため、生活にも支障が出ているし、バイクの運転もままならない状態なので、なんとか早く完治してほしい…。

カテゴリー: バイク, 日記 | コメントする

鬼押出し園に行く

インテグラの高速道路走行テストも兼ねて、首都圏ツーリングプランを利用して鬼押出し園まで行くことにした。

vlcsnap-2017-09-24-20h00m32s392

インテグラで初めてのETC使用。無事にゲートは開いてくれた。

ちゃんと動作はしているようだ。

ミツバの分離型のETCが付いているのだが、本体がシート下に入っており、結構シート下は熱くなるため、熱でETCが壊れることがあるそうな。

何か熱対策した方がいいんだろうか…。

vlcsnap-2017-09-24-20h02m05s453

インテグラで初の高速道路走行の感想だが、はっきりいって遅い…。

前に乗っていたSBB(CBR1100XX)は164psに対して、このインテグラは54psしかないので、パワー的には1/3以下なのでしょうがないと言えばしょうがない。

SBBは100km/hからでも、アクセルをちょっと開けるだけで、物凄い勢いで加速して、200km/h巡航も余裕という感じだったが、インテグラはアクセルを開けてもドコドコ言うだけでさっぱり加速しないし、そもそも200km/hなんて速度は出ない。

普通に100km/h近辺で走る分には特に問題ないパワーとはいえ、田舎の高速に行くと、車が150km/h程度で流れている事もあるので、そういうシーンではパワー不足を感じてしまうだろう。

首都圏近辺の高速道路を走る程度だったら、十分なパワーとも言えるが、このパワーではあまり右車線を走る気分にはなれなかった。

大きなスクリーンが付いているため、防風性能に付いては思っていた以上に良い感じだった。

風の巻き込みも少ないため、昔乗っていたTMAXのように伏せなくても十分高速を走れる。

DSCN9291

横河SAで休憩してたら、KAWASAKI H2が入ってきた。

スーパーチャージャー搭載の凄いバイク。走っている所初めてみた。

意外と走っている時の音は普通のバイクの音だった。

IMG_20170924_100707

有料の鬼押ハイウェー(バイク150円)を通り、浅間六里ヶ原休憩所で休憩。

浅間山は雲に隠れていてイマイチよく見えない。

DSCN9299

鬼押出し園に到着。

大人650円の有料観光施設だが、公式サイトにクーポンがあり、それを見せると100円安くなる。

DSCN9314

辺りはひたすら岩岩岩。

これは浅間山噴火の時に流れ出た溶岩だそうな。

DSCN9322

ヒカリゴケなんかもあったりする。

イマイチ分かりづらいが、暗い所でちゃんと光っているのを確認できた。

DSCN9339

見晴台からの眺め。

左隅にある観覧車が異様に目立っていた。

おそらく方角的に、軽井沢おもちゃ王国の大観覧車だろう。

DSCN9341

別の展望所からの撮影。

やっぱり観覧車目立ち過ぎでは?

DSCN9369

園内には、おもしろ岩というものがあり、代表的なのはこのゾウさん岩だ。

DSCN9421

他にもゴリラ岩やサザエさん岩等、無理矢理当て付けた感じの岩があるらしいのだが、案内標識等が無いので、ほとんど見過ごした。

DSCN9372 DSCN9373

何故か隙間にお金が敷き詰められている岩。

お金が敷き詰められている理由は不明だが、要はお賽銭という事だろう…。

DSCN9382

フォトスポットカメラ台というものが至る所に設置されているのだが、浅間山が雲に隠れてしまっているため、イマイチ写真映えがしない。

DSCN9392

石割の松。その名の通り、石を割って生えてきたのだろう。

樹齢はおよそ100年だそうな。

DSCN9334

過疎っている高山植物観察コースを周っていたら、観光するのに2時間くらいかかってしまった。

普通に観光する分には、浅間山観音堂まで見学すれば十分だと思う。

 

vlcsnap-2017-09-24-20h55m32s948

鬼押出し園の帰りに榛名湖に向かうために、裏榛名を走ってみたのだが、登り坂だとインテグラはアクセルを開けてもドコドコ言うだけでサッパリ加速してくれない。

SBBだったら、このくらいの登り坂なら6速でも余裕で加速してくれるのだが、やっぱりパワー不足という事だろうか…。

2速くらいギアを手動で落としたら、それなりの速度で走れたので、峠の登り坂を走る時は、Sモードにしないと快適に走れないような気がする。

ひたすら登り坂は、アクセル開けてもドコドコ言ってるだけでさっぱり速く走れなかったのだが、何故か前を走るリッターバイク集団に追いついてしまったので、遅いと感じるだけで、実は結構速いペースで走っていたのかもしれない…。

榛名湖畔で休憩しようと思ったのだが、榛名湖マラソン大会が開催されていて、交通規制が敷かれていたため、ゆっくりする事ができなかった。

DSCN9426

帰りは渋川伊香保ICから高速を使って帰宅。

三芳PAに、オートバックスが1998全日本選手権フォーミュラ・ニッポン参戦車両を展示していた。

NIKKOのロゴがあるが、あのトイラジメーカーのニッコーだろうか?

 

インテグラを使って初めてまともなツーリングをしてみたが、エンジンのドコドコ感が思っていた以上に強くてかなり気になる。

今まで乗っていたバイクで、ここまでアメリカンバイク的なドコドコ感満載のエンジンはなかったため、はっきり言って違和感しかない。

しかもこの振動が、ハンドルを伝わって腕に来るため、先月の事故で負傷して、まだ完全に完治していない右腕を刺激して結構痛い。

低回転だとドコドコ感が強く出て、高回転だとあまりドコドコしないようなので、思いっきり回して走ればスムーズになるようなな気もするが、スクータにこのドコドコエンジンは合わないという気しかしない…。

スクータなので、渋滞だらけの街中を走るのは結構快適なので、なんだかインテグラはツーリングバイクというより街乗りバイクという感じだ。

果たしてこのドコドコ感に慣れる事ができるんだろうか?

 

ちなみに燃費を測ったら

138km/5.1l = 27.06km/l

251km/7.82l = 32.1km/l

となっており、SBBが20km/lを超えなかった事を考えると、驚異的な燃費となっている。

タンク容量は14lなので、航続距離300kmは余裕だろう。

カテゴリー: バイク | コメントする

インテグラをツーリング仕様にカスタム

DSCN9273

先日納車されたばっかりのインテグラだが、ツーリング仕様にカスタムするために、まずはハンドルカバーを取っ払うことにした。

サービスマニュアルによると、スナップフィットクリップを外し、ハンドルアッパセンタカバーを取り外すと書いてあるのだが、どうやってクリップを外せばいいのかわからない…。

DSCN9274

結局力任せにカバーを取っ払った。

本当はスナップフィットクリップを外す方法があるようだが、結局よくわからん。

カバーを取り外すと、ボルトが見えるのでこれを外す。

DSCN9279

ハンドルカバーを取っ払って、デイトナのマルチクランプバーを取付けた。

左ミラー部にも、汎用のクランプバーを取り付け済み。

DSCN9282

左ミラー部にスマフォホルダーを取付け、ハンドル部分にはGit2をマウントした。

SBBの時は、スマフォ2台を取付けられるようにしていたのだが、結局サブスマフォのZenFoneMAXが、すぐに熱暴走して動かなくなってストレスマッハだったので、今回はスマフォ1台体制で行くことにする。

DSCN9280

電源はシート下にあるアクセサリソケットを使おうとしたのだが、USBシガーチャージャーがスペース不足でソケットに刺さらん!

DSCN9281

しょうがないので、適当に3ポートに分岐するシガーソケットアダプタを付けた。

一見すると、シガーソケットが3つもあるので、いっぱい電装品が付きそうだが、インテグラ標準のアクセサリーソケットは容量が12V1A=12Wしかない。

スマフォの充電容量が大体5V1.4A=7Wくらい消費してしまうので、すぐに容量不足になってしまうだろう。

これ以上電装品を増やしたい場合は、シート下にバッテリーがあるので、リレーを介してシガーソケットを増設しようかなと考えているが…。

DSCN9284

kingの小宇宙を参考にして、リアサスの泥除けを取付けた。

NC700等では、リアサスの泥除けを取り付けるのが定番のカスタムになっているようだ。

 

SBBの事故から3週間以上経過しているにも関わらず、未だに右腕の関節辺りが痛くて、なかなか完治しない。

軽くバイクを運転する分には問題ないので、この仕様で近所を走ってみた。

何故かGit2の音声が録れてなかった…いつもの接触不良だろうか?

IMG_20170918_192052

行田のUFO基地エブリディまで試走。

SBBに比べると、インテグラは本当にただのスクータという感じで、街乗りの低速走行は相当楽になった。

DCTによるギアチェンジ音も静かでシフトショックもほとんどないため、意識してないとギアチェンジしたのに気付かないほどだ。

ただ、ドコドコ感のある270度クランクのパラツインエンジンのため、あまりスピードを出して走ろうという気になれない。

SBBは、乗っていると速く走りたくなる気分になるというか、低速だとストレス溜まるバイクだったため、街乗りが苦痛だったが、逆に高速走行はマルチエンジンの滑らかな回転により快適そのものだった。

インテグラの高速巡航性はどうなのかなぁ…ドコドコエンジンじゃ、あまり快適とは言えなそうだが。

首都圏ツーリングプランが11月30日までやってるし、ETCのテストも兼ねて、今度は高速道路でのテストもやってみるか。

カテゴリー: バイク | コメントする

NC750Dインテグラを購入

先日の事故により、SBB(CBR1100XX)が廃車になってしまい、ツーリング用バイクがなくなってしまったので、新しいバイクを購入しました。

DSCN9269

買ったのは、ホンダNC750Dインテグラです。形式はEBL-RC71。

CBR1000RR等のSSもいいかなぁと思ったのだが、やはり荷物が積めなくてツーリングに向かないのと、灼熱地獄に陥りそうだったので断念した。

 

ただでさえ不人気車で数が少ないインテグラの、さらに数が少ない750ccバージョンです。

そしてホンダのバイクなのに、買ったのは何故かスズキのお店…近所に750ccバージョンのインテグラが置いてあるのがスズキのお店だけだった。

goobikeで調べてみても、750ccバージョンのインテグラは、全国に2~3台くらいしか在庫がないので絶滅寸前だ。

ホンダしかDCTバイクを作っていないので、DCTが壊れた時等に修理に困りそうだが、そういう場合は、近所のホンダの店に機材を借りてくることも出来るから、スズキのお店でも大丈夫だとか。

IMG_20170916_130209

購入した時のオドメータの距離は13570kmなので、ここからまた10万kmを目指すことになる。

SBBは9万km以上走っていたので、10万kmまであと少しだったのに、また13570kmからやり直しとか、なんだかZAPを喰らった気分だ。

それ以前に、このバイクは果たして10万kmを達成できるバイクなのだろうか?

SBBはオドメーターに10万kmまで桁があり、いくら走っても車体の劣化も故障もなかったため、余裕で10万km達成できそうだったが、今回のインテグラはオドメーターが99999kmでカンストしてしまう。

インテグラはSBBに比べると、見た目ちゃちいし高級感など全くないので、案外すぐにボロくなってしまうような気もする。

マット塗装でテカリが全く無いのも、安っぽさを助長している気がする…まぁもともと安物バイクだしなぁ。

 

ETCやグリップヒーター、GIVIのベースマウントなども最初から付属している。

あとはナビ用のスマフォを付けるだけで、ツーリング仕様にする事ができる。

シート下に最初からシガーソケットが用意されているので、電源はそこから取ることにする。

DSCN9271

シート下収納は15Lと、一般的なスクータに比べると物凄く少ない。原付きスクータより少ないくらいだ。

この収納の少なさゆえに、インテグラは不人気になったと言われる。

一応上の方がえぐれているので、荷物をてんこ盛りにしても入るようだが、そんなに都合のいい形状の荷物なんかあるのだろうか…。

DSCN9272

ホンダの新し目のバイクなため、ホーンとウィンカースイッチが通常のバイクと逆位置になっている。

慣れれば押し間違えはなさそうだが、試乗会などではみんな押し間違えてホーン音が鳴り響くことが多い。

 

ひとまず引き取りに行った帰りに、軽く走ってきたのだが、NC750系列のドコドコツインエンジンが、あまりスクータの走りに合っておらず、TMAXの滑らかなエンジンフィーリングに比べると、イマイチスムーズさに欠けるような気がする。

エンジンのドコドコ感はあるのだが、750ccバージョンは2軸バランサーが搭載されているため、振動はとても少ない。

700cc版の初期のインテグラは、低速でのDCTがギクシャクしていたが、この750cc版ではそれらの問題点は解消され、それほどギクシャクせずに走る事ができる。

そして、Sモードでフルスルットルを試してみたら、スクータとは思えない怒涛の加速…さすがに排気量が大きいだけあって、加速はTMAXの比ではない。

前に乗っていたSBBのフル加速の方が速いことは速いのだが、クラッチ操作なしで、アクセル開けるだけでお手軽にフル加速できてしまうこのインテグラの気楽さは、巡航ペースを上げるのにかなり役立つと思われる。

今週末の連休中は台風の影響で雨なので、あまり乗る機会がなさそうだが、なるべく早く車体に慣れて、遠くまでツーリングに行けるようになりたい。

カテゴリー: バイク | コメントする

ショウエイ(SHOEI) MULTITEC センターパッド M9購入

DSCN9266

先月8月の北海道ツーリング時に、SHOEI Syncrotecの内装がボロくなっている事が判明した。

北海道での内装調達は困難だったため、埼玉に帰ってから、アマゾンにこの「ショウエイ(SHOEI) MULTITEC センターパッド M9」を注文したのだが、8月21日注文から、一ヶ月近く経った本日ようやく到着した。

DSCN9268

ひとまず細かいパーツ差はあるものの、SHOEI Syncrotecに装着する事はできた。

しかしこのヘルメットは、先日の事故時に被っており、事故の衝撃を受けてしまっているため、安全性に疑問が残る。

もう10年以上前のヘルメットなので、いい加減買い替えた方がいい気もするが、保険会社の交渉が全くアテにならないため、事故相手から賠償など全く期待出来ない状態だ。

あまりにも示談交渉がクソすぎなので、もう保険会社を変えようかと思っている。

まぁヘルメット高いし、この新しく付けた内装がボロくなるまで我慢して使うしかないかなぁ

カテゴリー: バイク | コメントする

BDM4350UC/11が修理から帰ってきた(2回目)

DSCN9253

先日液晶面にゴミ混入で修理に送っていた4Kモニタ、BDM4350UC/11が修理から帰ってきた。

修理には5営業日かかるとの事だったが、8月25日に修理に送って本日9月5日に帰ってきたので、大体見積もり通りである。

修理内容は、パネルゴミ混入が認められたため交換と、基板に異常が見られたため交換となっていた。

電源を入れて5分くらいすると、画面にノイズが走るのを調べて欲しいと言っておいたのだが、結局こっちも基板不良だったのか…もうほとんど本体交換と同じじゃんこれ。

 

この4Kモニタがない間、普通に2枚のモニタで作業していたのだが、特に不便を感じなかったので、もう4Kモニタはどうでもよくなってきている。

何しろ43インチでデカすぎて設置が面倒だし、8ヶ月くらい使うとゴミ混入でサポート送りだし、もう使う気をなくしている…。

またゴミが混入したら、もう仕様として諦めるかな…。

 

DSCN9256

ヤフオクで買ったDisplay Portの切断を回避するアダプタを使ってみた。

これを使うと、モニタの電源を切っても、Windows10がモニタを見失うことがないため、Window位置がずれるという事がなくなる。

結論から言うと、このアダプタは効果がある事はあった。

これを付けておけば、モニタの電源を切ってもWindows10がモニタを見失わないので、Window位置が左上に移動する事はない。

だが、マルチモニタで使うと、2番以降のサブモニタの電源を切った時に、Windowが1番モニタに移動してしまうという現象が起こる…。

ただしこれは、モニタの電源を切るのに、節電タップでモニタへの電源供給をオフにしているために起こっているようだ。

普通にモニタのスイッチオフで画面を消せば起こらないのだが、そもそも電源スイッチが壊れていたり(Benq)、電源が背面にあってオフにしにくかったり(Philips)、そもそも電源の切り方がわからない(LG)等、画面オフにしにくいモニタばかりだから、しょうがないのだ。

というわけで、このアダプタを付けたものの、結局はCtrl+Del+Altでユーザーの切り替え画面に行ってから、モニタ電源断をするという手順を踏まなければ、Window位置がずれてしまうというのは変わらない…。

DSCN9261

せっかくなので、トリプルモニタを試してみることにした。

うちで使っているAsus Z170-Aマザーボードは、オンボードでDisplayPort + DVI + HDMI のトリプル出力が可能だ。

繋げてみたら、あっさりと4K + Full HD + WUXGA(1920×1200) の出力が出来た。

4K + 4Kのマルチモニタも対応しているそうだが、HDMIポートが30Hzしか対応していないので、片方の画面は動きがカクカクとなる。

オンボードでここまで出力できるのは凄いが、トリプルモニタだと画面が広すぎて、すぐにマウスカーソルを見失って、あまり使いやすくないかも…。

まぁ暫くこれで使ってみるか。

カテゴリー: 日記 | コメントする

久しぶりにHobbyKingで買い物

DSCN9220

8月4日にHobbyKingに注文しておいたパーツがやっとこさ届いた。

注文から到着まで3週間以上かかったので、もう届くの諦めていたけど、なんとか無事に到着。

DSCN9224

購入したのは主に1/16 Monster Beatle用のパーツだ。

スパーギアがすぐにぶっ壊れてどうしようもない車だが、今回はFRPシャーシに交換する予定なので、ギアのかみ合わせがよくなる事を期待!

スパーギア自体も、ナメてもすぐ交換出来るように、6枚用意した。

 

DSCN9226

しかし困ったことに、先日のバイク事故で、右腕を負傷してしまったため、まともに右手を握ることすらできないほどに腫れ上がっており、ラジコン作業などできそうにない。

病院で貰った「スミルスチック3%」を塗る、という以外の治療は特にやってないが、果たしていつ治るやら。

手さえ直れば、もう暫くの間はバイクツーリングに行く事がないため、ラジコン作業が進みそうなんだけどなぁ。

ほったらかしになっている、レオパルト2A6のTk60組み込みも進めねば…。

カテゴリー: 日記 | コメントする

ビーナスラインに向かう途中、CBR1100XX事故で廃車…

IMG_20170827_122020

出落ちですが、長野県新和田トンネル手前の中山道(諏訪湖側)から、ビーナスラインに向かっている途中、右ブラインドコーナーで対向車(コンパクトカー)と正面衝突の事故を起こしてしまいました…。

SBBはフロント部分が無くなり、フレームが割れてしまうほど大破。

コーナーリング中で、スピードも大して出ていなかったのに(40km/h以下?)、ここまで逝ってしまうとは…もう確実に廃車である…。

IMG_20170827_122415

フロントタイヤはパンクし、フォークが曲がって、フレームとタイヤが接触して回らなくなってしまっているため、クレーンで吊り下げてのレッカーとなった。

 

体の方は、接触した対向車がコンパクトカーで小さく、バイク進行方向左側に吹っ飛んだため、運良く車とは衝突せずに、道路に叩きつけられた時の擦過傷と打ち身程度で済んだ。

バリバリ伝説のヒデヨシなんて、対向車接触で、車と体がぶつかって亡くなってたんで、やはり車と体がぶつからなかったのは不幸中の幸いだった。

IMG_20170827_123955

フロント周りの残骸達。

SBBは大破してしまったけど、体の方は自分で歩いて帰宅できるほどの軽症だった。

バイク事故は、バイクの損害が大きければ大きいほど、体は軽症で済むというのは、あながち嘘ではなさそうだ…。

ヒデヨシは亡くなったけど、カタナは簡単に直せるという状態だったらしいしなぁ…グンが燃やしちゃったけど。

フロント周りが派手に壊れてくれたおかげで、かなり衝撃は吸収されていそうだし。

 

DSCN9184

昨日は高ボッチ高原で野宿だったので、今日は高ボッチ高原からビーナスラインに寄って帰る予定だった。

今日の朝に撮った、高ボッチ高原からの諏訪湖。

IMG_20170827_052446

雲海が出ていて素晴らしかった…後で事故るともしらずに、この時は幸せだった。

この後ビーナスライン方面に進んだのだが、新和田トンネル手前を左折して、中山道に登って30秒後くらいに、対向車と接触してしまった。午前8時14分頃の出来事であった…。

すぐに警察と救急車を、事故相手や他のドライバー達が手配してくれたので、私自身は保険会社に連絡を入れた。

その後救急車で運ばれるのだが、この時スマフォを現場に置いてきてしまい、さらに右腕に付けていたポケモンGoPlusを救急隊員が外して行方不明になってしまう。

 

岡谷市民病院で検査を受けたが、右腕が打撲か打ち身で腫れて動かすと辛いが、レントゲンを撮っても骨に異常はなかった。

入院の必要なしとの診断が下ったため、病院で警察の調書を受けた後、自分でバイクのレッカーを探して依頼した。

スマフォやノートPCは、警察の方が持ってきてくれた。しかしポケモンGoPlusが行方不明のまま。

レッカー車を病院に呼んで、一緒に乗り込んで事故現場まで行き、辺りの散乱物を調べて貴重品がないか調べてみたものの、ポケモンGoPlusは見当たらない。

そして色んな所に連絡しまくっていたためか、スマフォのバッテリー残量が僅かとなってしまった。

 

入院の必要なしなので、家まで自力で帰らなければならないのだが、なにしろ長野の岡谷市はそれほど都会ではないため、車やバイクがないと移動困難だ。

その後、病院や警察にポケモンGoPlusが無いとの連絡をしたが、ここでスマフォのバッテリー残量がなくなってしまった。

ひとまずレッカー会社の人と一緒に、クロネコヤマトの営業所に行って、バイクのシートバックとトップケースを自宅に郵送する手配をした。その間にレッカー営業所でスマフォを充電させてもらった。

 

スマフォ充電がちょっと復活したので、警察に電話連絡をしたら、「ポケモンGoPlus渡し忘れました」との事なので、レッカーの営業所まで持ってきてもらうことになった。

そして、ついでに、警察の方に、上諏訪駅まで車で乗っけていってもらえることにもなった。

何しろレッカー営業所から駅まで歩くと30分以上かかるので、負傷している体には、車で送ってもらえるのはありがたい。

DSCN9217

特急あずさに乗って東京まで出た後、埼玉の自宅まで無事に帰ってこれた。

入院する必要もなく、無事に帰ってこれたからまだいいが、やっぱり明日からの事故処理を考えると非常に億劫だ。

それに、10万キロを目指していたSBBも、あっさり廃車になってしまった…つい先日大掛かりな整備して、10万キロを目指していただけに、本当に悔しくてたまらない。

 

ちなみに相手のコンパクトカーは、バンパー部分が少々破損しただけで、小修理で関西の方に自走して帰ったそうな。

車なので特に怪我などもなかったらしい…事故ではバイクが一方的に損害大になってしまう典型と言えるだろう。

 

右腕の痛みが結構酷くて、動かすと痛いので、明日また病院に行かなければならない。

利き腕が使いづらいので、しばらく不便な生活を強いられそうだ。

カテゴリー: バイク | 1件のコメント