思っていたより重症かも

先月のバイク事故より一ヶ月以上が経過した。

事故により主に右腕を負傷したのだが、全治2週間と診断された傷は、一ヶ月以上経った現在も、完治する気配はない。

事故直後は右手の腫れが酷かったのだが、それは一週間くらいで治ったので、これはすぐに完治すると思っていた。

だが2週間経過後くらいから、症状に改善が見られず、それどころかどんどん悪化していっているような感じすらしてきた。

とにかく右手首と肘の関節が痛くて、動かすと激痛が走る。

なんだか腕の可動領域も狭くなってしまっている感じだ。

痛いからといって、あまり動かさないと、腕が動かなくなるとのことなのだが、果たしてこんなに激痛が走るのに、無理に動かしていいものかどうか…。

 

これはさすがにおかしいと思い、病院に行って診察を受けてきた。

何か見落としがあるかもしれないとの事なので、3回目のレントゲン撮影を行ったが、特に骨に異常は見当たらなかった。

いままではスミルスチック3%という経皮吸収型鎮痛・消炎剤を処方されていたのだが、今回は飲み薬が処方された。

  • ロキソプロフェン錠 60mg 痛みや炎症を抑えたり、熱を下げます。
  • レバミピド錠 100mg 胃粘膜を修復して、胃潰瘍や胃炎の症状を改善します。

何故胃潰瘍の薬が処方されているのか謎だが(ロキソニンの副作用対策?)、ひとまずこの飲み薬を試してみて、2週間経っても改善が見られないようなら、今度はMRI検査をするという事になった。

 

右腕の痛みのため、生活にも支障が出ているし、バイクの運転もままならない状態なので、なんとか早く完治してほしい…。

カテゴリー: バイク, 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)