タミヤ1/16対空戦車ゲパルト走行テスト

DSCN9585

先日実家から回収してきた1/16RC対空戦車ゲパルトの駆動系テストをしてみた。

最初は左側のキャタピラが外れやすかったが、1コマ減らしてテンション調整したら外れなくなった。

適当なメカ類を積んで走行テスト。意外と速度が速い気がする。

昔からこんなに速かったっけ?

2chプロポでテストしたので、砲塔旋回はできないし、多分メカ自体が動かないと思われる。

DSCN9589

走行はできたものの、これからどうやってレストアしていくかが問題だ。

数年前に1/16ゲパルトのディスプレイモデルが復刻されたので、まだ部品が手に入ると思いきや、タミヤカスタマーに問い合わせた所、ビスやナット類以外のパーツはほぼ欠品で、今後再生産の予定も無いという…。

ドイツのAFV-ModelTank-Modellbauにかなりカスタムパーツ類は揃っているのだが、足りないパーツを揃えようとすると途方もない金額がかかってしまう。

足りないパーツ類をこんなカスタムパーツだらけにしたら、常用化して遊ぶには莫大な費用がかかってしまうため、盆栽化は避けられないだろう。

なんとか工夫して安く仕上げる方法を思考中だ。

関連記事

カテゴリー: 戦車 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)