ヤマハPAS GEARを購入

P_20180504_150416

電動アシスト自転車、ヤマハPAS GEARを買いました。

評判の悪いヤフオク店で買ったものの、ちゃんと走ったのでモノ自体はまともな模様。

しかーし!スピードがたったの22km/hしか出ない!これじゃタミヤのラジコンカーより遅い!

まぁ動力(人力)がヘボいからしょうがないのかもしれないけど。

 

普段バイクに慣れているため、バックミラーやウィンカーが無いのが超恐ろしい。

そもそも自転車ってどこを走ればいいんだろうか…幹線道路で歩道がなかったりすると、車道走らなければならないから怖い。

P_20180504_170627

およそ16kmほどの道のりを走って帰宅。

電動アシスト自転車とはいえ、想像以上に遅くてかなり疲れたけど、普通の自転車でこんな距離走らんか…。

P_20180504_190010

PAS GEARは2007年頃のかなり古い機種なので、バッテリーはダメダメかと思いきや、16km程の道のりを走って、1/4くらいしか減らなかった。

航続距離50kmくらい行けるんだろうか?

バッテリーの内部は完全防水仕様になっている上、制御基板が入っていてかなりのハイテクぶり。

P_20180504_190025

使われているのはサンヨー製18650バッテリーだ。

3.7Vセルが直列7、並列3となり、合計21セルで25.9V8.1Aとなっている。

現状18650は、パナソニックが3500mAhの製品を出しているため、このセルに交換すれば3.5Ah x 3 = 10.5Ahまで容量を増やせる。

 


Panasonic[パナソニック] NCR18650GA 18650 リチウムイオンバッテリー(3500mAh) 2本組

しかしセルの交換は、単純に21本と本数が多いため面倒だし、通常の半田では高温になってしまいセルが爆発しかねないため、スポット溶接機等が必要になるだろう。

バッテリーが劣化したら、セル交換にチャレンジする予定。

カテゴリー: バイク | コメントする

HUAWEI nova liteがぶっ壊れた

P_20180503_201855

2017年5月18日購入のHUAWEI nova liteだが、1年も経たないうちにUSB端子が反応しなくなってしまったためゴミになりました。

銀座のHUAWEIカスタマーサービスに持っていったら水没判定…水に落としてないし、お風呂でも使ってねーよ!

実はUSB端子不良は今回が初めてではない。2ヶ月前にもUSB端子不良で充電できなくなり、同じくHUAWEIカスタマーサービスに修理してもらったのだ。

その時はサブボード故障で水没判定も無かったため、無償修理となった。

 

今回は水没判定なので、本体丸ごと交換しかなく、しかも修理代は2万円オーバーだとか…買った時の値段よりたけーよ!

何故USB端子が接触不良を起こすのか?考えられる原因は、おそらく日本が湿気だらけの温帯湿潤気候のため、中身が錆びてしまうのだろう。

そういえば最近は、夜露の多い田舎ばっかり行っていたため、スマフォ内部に水が侵入してもおかしくないか。

 

何にしても、湿気の多い田舎に持っていくだけで、内部が錆びてぶっ壊れてしまうスマフォなんか使い物にならん。

同じ場所に持っていっているZenFoneMAXは、低性能ながらもちゃんと動作しているのだ。

Covia POPもエラーで再起動を繰り返して使い物にならなかったし、中国製の安物スマフォなんか2度と買わないだろう。

ちょっとはマシな台湾製のZenFoneでも買うか…。

カテゴリー: スマフォ | コメントする

CBR1100XX車検を通す

IMG_20180427_101733

昨日引き取ったブラバのナンバー取得のために、東京運輸支局にやってきました。

本当は埼玉の運輸局に行きたかったのだが、空きラインがなかったため、仕方なく品川で検査を受ける事にした。

IMG_20180427_101755

なんか前に乗っていたブラバより、塗装が色褪せてへぼいなぁと思っていたら、これは元々こういう赤色のようだ。

http://bike-paint.ocnk.net/page/369

キャンディーミュトスマゼンダ カラーコードR228C

前に乗っていたブラバは、ヘルメットの色とお揃いだったのだが、なんだかこの色はちょっと紫がかっていて汚い感じ。

気が向いたら、補修ついでに色塗ろうかな…。

IMG_20180427_095359_1

何故かハザードスイッチが装備されている。勿論ちゃんとハザードとして使える。

ブラバは国内仕様以外はハザード付いてないはずだけど、これは別の車種のスイッチなのか?

前のブラバのハンドル周りはこんな感じだった。

20160522_4

前に乗っていたブラバにもハザードは付いていたが(キルスイッチ横の白いスイッチ)、後付のスイッチがすぐに接触不良を起こしていたので、あまり使う気にならなかった。

IMG_20180427_144106

ひたすら紙と格闘して、なんとか予備検査を取得。めんどくさすぎなんで、早く電子化されろ!

予備検査さえ通ってしまえば、後は書類を出すだけで車検証&ナンバーを貰えるので、インテグラで埼玉運輸局まで行って来た。

ブラバの後にインテグラに乗ると、重くて遅くて「本当にこれが最新鋭のバイクなの?」と疑問に思ってしまう。

まぁDCTでオートマなので、楽といえば楽なのだが、やっぱり面白みに欠ける。

IMG_20180427_153318

タカタエアバッグリコールの影響がこんなところに!

 

ナンバー取得したので、ETCを付けようと思って2りんかんに行ってみたのだが、ETC助成金1万円を受けるためには、ETC2.0を付けなければならず、さらに店舗での取付け作業が必須!

ついでにGW明けまで作業予約が一杯で、すぐには取付けできないとか…駄目過ぎる。

スマフォあるのにETC2.0なんて誰も使わないだろ…あほかこの国は。

ETCは適当にヤフオクで買って付けるか…。

カテゴリー: バイク | コメントする

CBR1100XX購入

2017年8月27日のCBR1100XX事故から、はや8ヶ月。

ビーナスラインに向かう途中、CBR1100XX事故で廃車…

その後NC750Dインテグラに乗り換えたのだが、なんかバイクとしてのクオリティが全然違う…インテグラは全体的にちゃちいのだ。

 

以前から感じていたのだが、もしかしてCBR1100XXって相当凄いバイクではないだろうか?

部品一つ一つが異様なまでのクオリティで、かなり高級感が漂っていたし、10年近く乗っていて全然劣化を感じられなかった。

インテグラのような最新鋭バイクは、ABSやDCTのような電子装備満載で、快適と言えば快適なのだが、なんだか全体的な品質がガタ落ちのような…。

90年代のバイクは凄いって話も聞くしなぁ…。

ブラバのような高級バイクをもう一度いじってみたいなぁ…。

…。

…。

…。

IMG_20180426_114001

というわけで、またCBR1100XX(ブラバ)を買いました!

走行距離が6万キロ近い車体なので、ヤフオクでたったの15万3千円(税別)でした

以前乗っていたブラバは、走行距離9万キロオーバーでも全然平気だったので、6万キロと言えどまだまだ余裕だろう。

それに実はエンジン丸ごと3100円で購入済みだ。

IMG_20180426_111734

左ミラーの鏡部分が付いてなかったので、適当にヤフオクでパーツを買って取付け中。

IMG_20180426_114717

ミラー取り付け完了。

前に乗っていたブラバと同じ赤と思いきや、なんか全体的に紫がかっていて違う色のような?

というか単に経年劣化で色褪せているだけ?

あと全体的に凄く小さく見える…ハンドル周りとか凄くシンプルだ。

単純にスマフォや車載カメラなどの装備品が付いてないから小さく見えるだけかと思いきや、カタログスペックを見たら、今乗っているNC750Dインテグラより、ブラバは一回り小さいのだ。

http://www.honda.co.jp/INTEGRA/spec/

全長(mm) 2,195
全幅(mm) 810
全高(mm) 1,440
軸距(mm) 1,525

http://www.honda.co.jp/news/2001/2010327-cbr1100xx.html

全長×全幅×全高(m) 2.160×0.720×1.200
軸距(m) 1.490

 

教習車に使われているNC750Sも、ほとんど同じような大きさだ。

今のバイクって大きいんだな…。

IMG_20180426_115451

ここのカウル取付けネジがサビサビだが、前に乗っていたブラバも同じネジが錆びていた。

このネジは普通のソケットネジなので、汎用品なのだろうか?

このネジだけ明らかに品質が悪い。

IMG_20180426_115500

カウルを止めているブラバ用ネジ?は全く錆びていない。

このブラバ用ネジは高品質なのだろう。

IMG_20180426_114042

左側のカウルは、コケたようなガリ傷がある。

しかしボロいからと言って、安物中華カウルに変えてはいけない。

根本的にブラバのカウルは、中華カウルより遥かに高品質で長持ちする。

中華カウルは熱で溶けたり、高速で吹っ飛んで行ったという話もあるので、同じ金をかけてノーマルカウルを補修したり塗り直したりして使ったほうが良い。

IMG_20180426_184201

車検無し状態なので、市役所に行って仮ナンバーを取ってきました。

仮ナンバーの申請には、自賠責保険が必要なので、最初に入っておいた。

なんか大きすぎて、ナンバープレート取付けできないんですけど…これ車用のナンバープレートじゃないの?

ひとまず車検通してちゃんとしたナンバープレート付けるか…。

カテゴリー: バイク | コメントする

FPVレーシングドローンTyrant150購入

https://hobbyking.com/jp_jp/diatone-tyrant-150-orange-arf.html?___store=jp_jp

DiatoneのFPVレーシングドローン、Tyrant150を購入しました。

今までおもちゃの小さいマルチコプターは持っていたが、本格的なマルチコプターは初めてだ。

cleanflight cleanflight._modes cleanflight._Configuration DSCN9599

いきなり設定で躓く。

ドローンの設定は、PCとMicroUSBでつないで、Chromeの拡張アドオンのCleanFlightで行う。

しかしどう設定しても、S-Bus受信機を認識せずに先に進めない。

DSCN9597

受信機の設定がおかしいのか、試しにGAUI EP200のMicroBeastにS-Bus接続したら、ちゃんと動作する。

どうやら受信機の不良や設定ミスはないようだ。

DSCN9593

HobbyKingのサポートに問い合わせた所、フライトコントローラ基板の写真を撮って送ってくれとの事なので、送ってみた。

その結果、このNaze32フライトコントローラはS-Bus未対応なので、PPM接続してくれとの事?

はぁ?S-Bus対応ってマニュアルに書いてあるのに?

しょうがないので、PPM受信機を発注した。

 

しかし同じ時期に、ヤフオクにS-Bus設定済みのTyrant150が出品されていた。

質問欄で色々質問してみた所、ちゃんとS-Bus接続で飛行できているらしい。

うちのはS-Bus接続できないのにおかしいじゃん!

IMG_20180423_145308

というわけで、PPM受信機の到着を待たずに、S-Bus設定済みのTyrant150を落札しました。

DSCN9603

あっさり飛びました。

結局原因はなんだったかというと…。

cleanflight._port

CleanFlightのPort設定で、S-Bus接続した場合は、UART2のSerial RXをオンにしなければならないようだ。

HobbyKingのサポートは、こんなこと教えてくれなかったぞ!

どうやらPPM受信機は無駄になってしまったようだ。

 

しかし、これ以外にもモーターをいくら設定しても送信機から操作できなかったので、めんどくさくなって、ヤフオクで買った機体のデータを丸々最初に買った奴にコピーした。

IMG_20180425_133123

2台とも無事に飛ぶようになったけど、本格的なFPV飛行するためには、無線の免許取ったり、基地局の申請したりなど色々面倒。

こりゃFPVは敷居高いわ。

IMG_20180423_164913 (1)

ちなみにカメラの映像は、5.8GHz受信機を使ってスマフォのGo FPVというアプリで見れる。

OTGに対応してるだけでは駄目で、UVC(USB Video Class)に対応している必要がある。

手持ちのスマフォでは、nova liteはUVCに対応しておらず、カメラ画像を表示できなかったが、ZenFoneMAXは対応していた。

画質がイマイチだし、スマフォの画面も小さいので、もっと良い機材を使ったほうがよさそうな気がするが、何分知識が無いので今の所は手出しができない。

まずは無線の免許からか。

カテゴリー: ラジヘリ | コメントする

タミヤマンタレイ整備

i-img1200x675-1523004375fovc0h117606

ヤフオクでジャンク品のタミヤマンタレイを落札しました。

トップフォースの元になった記念すべきモデルだ。

形式的にはDF-01というらしく、その後のTA01シリーズの原型にもなっていて、駆動部分はほとんど共通となる。

相当古いマシンだが、来月5月26日に復刻販売される。

IMG_20180417_142756

ギアがいっぱいついててお得でした。

トップフォースは勿論、TA01やTA02でもこのギアは使える。

というか、タミヤRCカーはほとんどこのギアでは?

ちょっと黄ばんでいるけど、ワイドハイターEXに漬けておけば白くなるだろう…。

IMG_20180417_150851

車体は本当にジャンク…バスタブシャーシの劣化が激しく、到るところにクラックやひび割れが入っている。

ちょっと力を加えたら、リア部分がもげてしまった。

これはパワーかけたらシャーシ粉々になるな…ノーマル540モーターにしておくか。

 

トップフォースはFRPシャーシなので、経年劣化等はほとんどないのだが、やっぱりプラスチックは経年劣化で脆くなってしまう。

ESCのコードも溶けてなくなってるし、動作するかもわからんかったので、適当に余ってるESCを付けた。

IMG_20180417_165559

プラリペアで到るところを修正して、トップフォースのドライブシャフトを入れたら何かおかしい…マンタレイのドライブシャフトの方がちょっと短いのだ。

というわけで、ドライブシャフトを入れ替える場合は、トップフォースの軸受部分も交換する必要があるようだ。

どうりでオプションのマンタレイ(2018)ハードプロペラシャフト&アルミモーターマウントセットが高いわけだ…。

IMG_20180417_172657 IMG_20180417_172709

色々いじくり回して完成!

…だっさ…ダサダサだよこのタイヤ!

タイヤがでかいので、1600gと重い…。

まぁ初心者が操縦する分には、タイヤが大きいほうがぶつかっても衝撃が吸収されるから良いかな?

IMG_20180417_173253

試しに家の前で試走してみたら、思いの外走りが良い!

なんとマブチノーマル540モーター&17Tで27km/hも出た。

単純にタイヤが大きいから、速度が速いのだろう。

そしてどういうわけか、コーナーリング性能が良い。アクセルオフで内側に切り込んでいくので、アンダーに悩まされない。

これは確実に名車だわ。

パーツ供給も暫く続くだろうから、まだまだ走れるだろう。

カテゴリー: 日記 | コメントする

タミヤM-05ロードスター試走

IMG_20180414_044025IMG_20180414_044045

タミヤのM-05シャーシを使ったロードスターを組み上げました。

ロードスターなのに前輪駆動車です。

色々オプションパーツが付いているようだけど、詳細は不明。

ひとまずモーターは相変わらずアマゾンで買った安物ブラシレス。

GoolRC 3650 4370KV 4P センサレス ブラシレス モーター 45A ブラシレス ESC(電子 スピードコントローラー) 1/10 RC ラジコン オフロード車 バギー カー ジープ用

で、走ってみてわかった事は、前輪駆動車はクソ!という事だ。

まず直進安定性が物凄く悪く、左右にフラフラする。

パワーをかけるとタイヤが滑ってまっすぐ走らない。

挙句の果てにはスロットルあげただけで転倒しやがった。

ついでにコーナーはドアンダーでサッパリ曲がらない。

サイドブレーキの無いラジコンではアンダーを消せない。

唯一の利点は、前輪ブレーキが効くので、普通の後輪駆動ラジコンより止まりやすいって事だけじゃなかろうか?

このM-05シャーシは、パーツを組み替えると後輪駆動車に変更できるらしいので、今度試して見る予定。

カテゴリー: 日記 | コメントする

CycloneTCX(サイクロンTCX)と判明

IMG_20180409_114241

3月末にヤフオクで落札して以来、メーカーもシャーシー名も不明だったこのNSXの正体がついに判明しました!

HotBodies のレーシングマシン CycloneTCX(サイクロンTCX) です!

日本ではあまり走らせている人は居ないようだが、ebayにパーツが売っているので、なんとか維持できそう。

このマシン、恐ろしく軽い。なんと!総重量が940gしか無いのだ(バッテリーを除く)。

トップフォースが1300g以上あるのと比べると、本当に持っていて軽く感じる。

IMG_20180409_120032

家の前で最高速アタックしたところ、なんと49km/hも出た。

モーターを540モーターから380モーターにデチューン。リポバッテリーもBグレードの安物で2S…。

ESCとモーターが安物のため、発進時にちょっとガクガクするけど、発進してしまえば特に問題なくスムーズに動く。

もうこれ以上の速度を出そうとしたら、秋ヶ瀬サーキットのような狭いコースでは駄目で、もっと大きなサーキット行かないと無理そう…。

パーツの入手難易度を考えると、クラッシュが怖いので、540モーター&3Sリポの本気仕様にする事はないだろう。

カテゴリー: 日記 | コメントする

謎のマシンの正体が判明?

IMG_20180408_134448

先日ヤフオクで落札して以来、誰に見せても車種どころかメーカーすら不明なマシン。

やっと受信機に空きが出来たので、試しに走らせてみることにした。

が、何か様子がおかしい…スロットルを開けてないのに、勝手にモーターが回ってしまうのだ。

スロットル位置を最小、つまりヘリで言うスロットルカーブ0の位置にするとモーター回転が止まる。

もしかして前進専用ESC?

http://www.powers-international.com/international/hobbywing/justock.htm

付いているのはこのESCだと思うのだが、バックあり設定に切り替えようにも、なんだかバックが出来ない。

IMG_20180408_205048

モーターはHOBBYWING XeRUN 8.5Tというもののようだ。

で、家の前を試走してみたものの、何故かスロットルをちょっと開けただけで30km/hほど出てしまい、それ以下の速度で走行できない。

さらに、そのうち勝手にバックを始めてしまい、いくらスロットルを操作しても受け付けてくれない。

ノーコンになってるわけでなく、ステアリングは操作できるし、受信機のESCが刺さっているチャンネルにサーボを繋げると、普通にサーボが動くので、送受信機の動作は正常だ。

もうとにかく訳がわからないので、最近秋ヶ瀬サーキットに行った時に聞いた近所のスパイラル(https://www.spiral-rc.com/)というラジコンカーショップに持っていって見てもらう事にした。

 

スパイラル店員に見てもらった所、ESCの設定がおかしいんじゃないか?との事。

しかしいくら設定しようにも、ESCが全くまともに動作しないので、これはESCが壊れているんじゃないか?という事になった。

後で手持ちの他のESCやモーターで試すことに。

 

そして今まで謎だったこのマシンのメーカーが判明した。

このマシンはHOTBODIES(https://hbracing.com/en/downloads-en/)というメーカーが製造したもので、それをHPIが販売していたそうだ。

IMG_20180330_010540 (1)

確かにドッグボーンにHOTBODIESと書いてある。これメーカー名だったのか…。

車種名まではわからなかったが、仕様的には結構最近の物らしい。

前輪のデフが効かないので壊れているのかと思っていたのだが、最近のマシンは前輪直結が普通で、ワンウェイを入れてもベアリングがもたないそうだ。

また、レースではバックすると失格になるため、前進しかできない設定にされているESCも多いらしい。

そしてこのタイプのレースシャーシの最高速は、なんと100km/hを超え、Kチューン(http://www.keitune.co.jp/)というサーキットでは、最高速を表示する電光掲示板みたいなのがあり、速いマシンだと120km/hを超えるのだとか。

まじか…レーシングカーってそんなに速いのか。

このHOTBODIESのマシンも、おそらく軽く100km/hを超えるらしいので、近所で走らせるのは無理だろうと言われた。

うーん、今度Kチューンサーキット見学に行ってみるか。

IMG_20180408_204430

家に帰って別のESCで動作テスト。何も問題なく動く。

やっぱりHOBBY WINGのESCが壊れてるんじゃないのかなぁ?

IMG_20180408_212525

最初に付いてきたモーターはハイパワー過ぎて危険なので、380モーター仕様に変えた。

ちなみにCrazy Fast で有名なTurnigy Monster Beatleに付いているのと同じようなESCとモーターである。

Amazonで適当に購入した。


Dovewill 1/16 1/18 RCカーに対応 スピードコントローラー 25A ブラシレス ESC 4P センサレス ブラシレス モータ

IMG_20180408_213947

夜で暗いのでよく見えないのだが、家の前で動作テスト。

暴走する事もなく、特に問題なく走行できて、速度は39km/hだった。

それにしてもこのマシン、とにかく滑らかで静かに走る。

この前まで購入していたタミヤマシンと何か決定的に違う高級感がある。

このマシンの価格がいくらなのか知らないが、実は結構高級マシンなのではなかろうか?

カテゴリー: 日記 | コメントする

タミヤ 1/10 スバルインプレッサを購入

IMG_20180407_103652

ヤフオクにジャンク品として出品されていたタミヤ1/10スバルインプレッサラジコンを3800円で購入しました。

IMG_20180407_111413

SUBAPUインプレッサと並べてみる。色々形状が違う。

今回購入したインプレッサは、GC8という形式で、頭文字Dの文太の愛車として有名で人気のあるインプレッサだ。

まだボディも割と綺麗で、割れなども無い。

ミラーが左側にしか付いてなくて、最初パーツが足りないのかと思ったら、GC8のWRCラリーカーも、ドライバー側にしかミラーが付いてないのでこれが正しい仕様だ。

IMG_20180407_103735

これは何というシャーシなんだろうか?見た感じギアボックスはトップフォースと同じなので、TA01かTA02だと思う。

しかし、シャーシがFRP製になっていて、かなり高そうなマシンに見える。

とても3800円で売られているマシンとは思えない。

IMG_20180407_103841

なぜかフロント側のドッグボーンやカップ等の駆動系が排除されてて2WD仕様にされている。

インプレッサなら4WDじゃないとなぁ…後でパーツ追加しよ。

IMG_20180407_111635

ギアボックスを開けてみてびっくり!なんとトルクスプリッターが装備されている!しかもフルベアリング仕様だ。

このトルクスプリッターは、現在絶版パーツで、オークションで2000円前後で出品されている事が多い貴重なパーツだ。

IMG_20180407_112553

モーターマウントを見てさらにビックリ!オプションのアルミ製モーターマウントに交換されている。

これも単品で買うと1500円くらいする。

IMG_20180407_133451

走らせてみたら、ただのスポーツチューンモーターなのに、なんと33km/hも出た。

しかし何だか加速が鈍い気がする…まさか?

IMG_20180407_133820

スパーギアのを見たら、これまた絶版パーツのスピードチューンギアが装備されていた!

これは通常ピニオン21Tまでしか使えないギアボックスを、スパーを通常の74Tから69Tに変更して、ピニオンを26Tまで使えるようにしてハイギアよりの設定に変更するパーツだ。

トップフォースが現状21Tでも、停止状態からフル加速するとウィリーしてフロントが分解するほど手に負えない加速をして困っていたので、これはトップフォースに移植する事にしよう。

ちなみにインプレッサをノーマルの74Tスパーギアにしたら、速度は25km/hまで落ちた。

 

色々オプションパーツてんこ盛りで、こいつはお買い得だ!と思って走らせていたら、なんとノーコンになって壁に激突を繰り返してボディがボロボロになり、足回りも破損してしまった。

どうやら受信機が壊れ気味らしい…なんだかアンプの調子も良くない…これがジャンクたる所以か。

IMG_20180407_132043

余っていたタミヤファインスペック2.4GHzに受信機を載せ換え。

アンプは中を開けてパーツクリーナーで掃除したら、調子が戻った。

ノーコンで色々破損しまくるという残念な事もあったが、このマシンが3800円で買えたのは超ラッキーだった。

タイヤを変えればオフロードコースも走れるだろうから、ガンガン走り倒す予定だ。

カテゴリー: 日記 | コメントする