昼間に首都高を走ってみる

P_20190416_212153_vHDR_Auto_HP

購入以来、あまりの爆熱と積載能力の無さで、有名ツーリングスポット等には行かず、ひたすら夜中に首都高を散歩するだけのマシンになっているSC57CBR1000RR。

真冬だろうと信号待ちで停車しようものなら、あっという間に水温は100度を超え、冷却ファンが全開で回ってうるさい…ただでさえうるさいバイクなのに!

前に乗っていたCBR1100XXブラックバードに比べると、明らかに汎用性が低くてツーリング向きでないバイクなのでしょうがない。

まぁリッターSSなんて、高速道路とサーキット以外はまともに走れないわな

P_20190420_160154_vHDR_Auto_HP

まだ4月で昼間でもそんなに暑さは気にならないので、試しに昼間に首都高を走ってみた。

思っていたより渋滞は激しくなく、湾岸線まで出れば快適に走れる。

しかし80km/hくらいで走っていると、ブラバに比べて車体の振動が多いためか、体が結構しびれてくる。

週末夜中の首都高は、爆音族の影響などにより閉鎖される事が多いのだが、昼間ならそういった事もなく休憩し放題だ。

P_20190420_161139_vHDR_Auto

土曜夜20時半だと間違いなく閉鎖されている大黒PAも、昼間は平和そのもの。

P_20190420_161113_vHDR_Auto_HP

大黒PAから見える有名ドリフトスポットも、昼間は平和でタイヤの焦げた匂いなどはしない。

まぁ、もうそういう時代でもないのだろう。

夏になると暑くて昼間なんて走ってられなくなるが、今くらいの気温の季節なら、昼間の首都高を走るのもありだろう。

カテゴリー: バイク | コメントする

古河市ドローン練習場に行ってみた

P_20190104_070231_vHDR_Auto

相変わらずGPSの電波をうまく拾えないレーシングドローンTyrant150だが、GPSユニットをBN-220からBN-180に変えてみた所、ちゃんと現在地が表示されるようになった。

やっぱGPSが壊れてたのか…と思いきや、数日経ったらやっぱり電波を拾えなくなり役立たずに。

うーむ、結局何が行けないのかさっぱりわからない…というか、ドローン自体にもう飽きてきた。

P_20190421_144229_vHDR_Auto

茨城県古河市に、市営の無料ドローン練習場があるとの事なので行ってみた。

広報映像をみたら、さぞかし大量のドローンが飛び交っているのかと思いきや、実際は2~3機くらいしか飛んでいなかった。

5.8GHz帯の電波をチェックしてみたものの、誰もFPV飛行をしていないのか、全く受信できなかった。

koga1

まぁただの河川敷ですな…特に電源などの設備は何も無い。

近くに舗装された空き地もあって、親子がラジコンカーを走らせていたりもした。

世間的なイメージが何かと悪いラジコンを、文句を言われずに遊べる貴重な場所と言えるだろう。

カテゴリー: ラジヘリ | コメントする

例のグラボ(RADEON RX470)を搭載

P_20190125_195907_vHDR_Auto_HP

最近巷で大流行の例のグラボを購入しました。PC Arkで6458円。

簡単に説明すると、映像出力のないマイニング用GPUが大量放出されてお買い得。

性能的にはGeForce1060やPS4Pro程度だろうか?PS4Proが6458円と考えれば確かにお買い得だろう(GPUだけだけど)

「例のグラボ」で検索すれば、いくらでも情報は出てくるので、詳細は割愛。

 

P_20190125_200049_vHDR_Auto_HP

Dipスイッチが2個付いており、これを切り替えることによって、4種類のBIOSが使えるらしい。

rx470_1 rx470_2

運がよいとデフォルトのBIOSで使えるらしいが、うちのはコード43が出て使用不可能だったので、ATIFlashでBIOSを書き換えた。

 

BIOS書き換えで、RX470を正常に認識させられたのだが、何故かWindows10のGPU割当ができない。

メニュー自体が存在しないのだ。

Windows10 – グラフィックの設定(アプリごとに使用するGPUを選択)

どうやらWindows Updateをしないと駄目なようだ。

うちはWindows10 の勝手にアップデートして再起動が嫌なので、Windows Updateのサービス自体を無効にしている。

で、久しぶりにWindows Updateをかけたら、10時間経っても終わらないという…なんというアップデートの遅さ。

P_20190126_155646_vHDR_Auto_HP

Windows Updateも無事終わり、試しに適当にゲームをGPUに割り当てたのだが、すぐに再起動がかかってしまう。

色々調べてみたところ、KEIANの550W電源がイマイチなようで、試しに余ってたStronger の600W電源を使ったら正常動作したので、電源入れ替えをすることに。

なんやかんやで色々手間がかかるなぁ。

cpu-z

電源を入れ替えて無事動作するようになったので、ついでにBIOSを書き換えてRX580化。

色々書き込めるBIOSは多いのだが、例え書き込み成功しても、実際に動作させると停止してしまう事があるので、動くBIOSを手探りで探す必要があるようだ。

 

Windows Updateや電源入れ替えのせいで、かなり手間取ってしまったが、値段が6458円と激安なのでまぁしょうがないか。

カテゴリー: 日記 | 1件のコメント

久しぶりにHDDが壊れたと思ったら

P_20181217_211242_vHDR_Auto

Windows10を使用していたら、突然HDDからガコガコ異音がして、ドライブが消えてしまった。

壊れたのは2011年3月製造のHITACH HDS5C3020ALA632 2TB。

まぁ7年以上経っているので、寿命だろう…。

幸い、中のデータはSerialATAのUSBで繋げたらサルベージできた。

P_20181217_211357_vHDR_Auto

AmazonにWD Blue WD40EZRZ を注文。なんか届くのに3日くらいかかった…最近のAmazon遅すぎ。

本当はもうすぐに壊れる消耗品のHDDなんか買いたくないのだが、大容量SSDは未だにHDDとの価格差が10倍以上あるので、ストレージとしては手を出しにくい。

RaidError

新しいHDDを取り付けたものの、なにか挙動がおかしい…新しく取り付けたHDDが見えなくなったり、なぜかRAIDドライブに障害状態になったりと、異様に不安定なのだ。

どこか接触不良なのか?電源ラインが不安定なのか?等、色々調査すること5時間…。

P_20181217_232149_vHDR_Auto

なんと不具合の原因はSATAケーブルだった!

SATAケーブルを交換しただけで、RAIDの障害は消え、新しいHDDも何も問題なく動作するようになった。

一体なぜSATAケーブルひとつで、他のドライブにまで影響を与えるのかさっぱりわからない。

というか、もしかしてHITACHIのHDDが壊れたんじゃなくて、このケーブルが悪さしただけなんじゃ…。

カテゴリー: 日記 | コメントする

Omnibus F4 V3をセットアップ

P_20181126_000722_vHDR_Auto

既に飽きている感のあるドローン関連だが、注文しておいたOmnibus F4 V3が届いたので、Tyrant150に組み込むことにした。

betaflight6

ボードの名前はOmnibusF4 V3だが、ファームウェアを書き込む時に「OMNIBUS F4」を選んだら、書き込み自体は成功したものの、受信機などとの通信ができずにしばらく悩んだ。

実際のこのボードの正式名称は「OMNIBUSF4SD」で、これはCLIからVersionコマンドで確認できる。

「OMNIBUSF4SD」を書き込んだところ、きちんとシリアル通信が可能になった。

なんという紛らわしさ…。

P_20181128_041710_vHDR_Auto_HP

配線が細くて取り回しをしていると、すぐに断線したり接触不良に陥いったりと、悪戦苦闘しながらも、なんとかフライトコントローラーを組み込んでいく。

P_20181128_045944_vHDR_Auto_HP

しかしモーターの回転テストをしてみたら、3番モーターが煙を噴いてしまった。

P_20181128_051453_vHDR_Auto

モーターを分解点検してみたが、特に以上は見当たらない…しかし3番モーターだけ明らかに動きが悪くてぎこちない。

代わりのモーターを買おうにも、当然近所には売っていないし、同じパワーのモーターを探すのは大変…。

P_20181209_193857_vHDR_Auto

買ったままほったらかしだったFPVカメラRun Cam Split mini2。

Micro SDカードスロットを搭載していて、1080p/60fpsで動画撮影可能。

試しに動作確認してみたところ、カメラの電源ONと同時にMicroSDに動画ファイルが記録される事を確認した。

しかし、ファイルのタイムスタンプが2098/01/01になってしまう…。

このカメラに時計なんか付いているのだろうか?そもそも設定方法がわからん。

vlcsnap-2018-12-10-23h59m57s507

https://shop.runcam.com/runcam-split-mini-2/

マニュアルを読んだところ、フライトコントローラのシリアル通信に接続して、プロポを3ch使ってOSD経由で設定できる事がわかった。

しかし現在時刻の設定などは見当たらず…動画解像度の設定等があったが、ほとんど弄る必要はなさそうだ。

下記ムービーはRunCam Split2という別の製品だが、設定方法はこんな感じだ。

 

P_20181209_232642_vHDR_Auto

GPSを取り付けてテスト。

BetaFlight上ではきちんとGPSを認識しているのだが、OSD上では何故か補足衛星数が0のまま変わらない。

そして、GPSレスキューモードを設定したら、Armができなくなってしまった。

https://github.com/betaflight/betaflight/issues/6198

上記サイトによると、GPSレスキューを設定した場合は、フライト開始時の位置を覚えておく必要があるため、規定以上の衛星補足数を超えないとArmできない仕様らしい。

これを回避するためには、gps_rescue_min_satsを0 に設定すればいいらしい。

CLI上から

set gps_rescue_min_sats=0

save

を入力したところ、ちゃんとArmできるようになった。

P_20181210_010124_vHDR_Auto P_20181210_231659_vHDR_Auto

GPSの補足数が0のままで、いまいち納得行かないが、一応飛ぶようにはなった。

しかし、モーターから煙を噴いた影響なのか、いまいちフラフラして安定しない。

 

GPSに関しては、搭載場所や配線の取り回し等によって、ノイズの影響を受けて誤動作しやすいという話もある。

なので、搭載位置を変えたりしてみたのだが、やっぱり衛星補足数は0のままだった。

海外の動画を見ると、かなり開けた場所でも衛星補足に4分くらいかかっていたりするので、単純に処理能力が低いだけか?

またBetaFlightのレスキューモードは、マニュアルに実験的なモードと書かれているため、いまいち安定性がないのかもしれない…。

何にしてもわからないことだらけだ。

カテゴリー: ラジヘリ | コメントする

EACHINE UK65 電源コネクタ交換

P_20181110_193235_vHDR_Auto

イマイチやる気のおきないTiny Whoop UK65。

飛行時間が2分位と短く、FPVの画質も悪くてイマイチ。

P_20181111_044726_vHDR_Auto

どうやら飛行時間が短いのは、標準の電源コネクタとケーブルがしょぼいかららしい。

https://www.t0t0.fr/2018/10/08/ur65-uk65-us65-flight-improvement/

標準では26AWGのケーブルが使われているのだが、これをちょっと太い24AWGに変えて、コネクタもちゃんとした奴にすると良いらしい。、

P_20181111_050322_vHDR_Auto

細いケーブルに悪戦苦闘しながらも、なんとかケーブルの換装に成功。

P_20181111_051642_vHDR_Auto_HP

今までは飛行開始直後に、OSD上に「電圧降下したから着陸しろ」のメッセージが出ていたが、それがなくなり、大体30秒くらいは長く飛べるようになった。

ケーブル&コネクタ交換の効果は絶大なようだ。

それでも3分くらいしか飛べないけど…。

最近はFPVより、普通に部屋の中をぐるぐる回ったり、狭いところをくぐらせたりなど、ラジコン的に飛ばして遊んでいる。

家の中で最もお手軽に遊べるラジコンとしては、Tiny Whoopは結構いいかもしれない。

カテゴリー: ラジヘリ | コメントする

フライトコントローラF4が燃えてしまった

P_20181109_213658_vHDR_Auto

Omnibus F4 Pro V3フライトコントローラだが、ブザーのテストをするために、配線のテストをしていたら、あっさりと煙を吹いて燃えてしまった。

USB接続しても、うんともすんとも言わなくなってしまったため、完全に死んでしまった模様。

いやいや、ブザー周りの配線に、そんなに即死するような配線があるのかよ?

ちなみに調べた限りでは、配線図は以下のようになる。

68747470733a2f2f717561646d6575702e636f6d2f77702d636f6e74656e742f75706c6f6164732f323031362f31312f4f6d6e696275732d46342d50696e6f75742d546f702d46756c6c2d373638783434372e6a7067 img_2

受信機とGPSの接続まではうまく行っていたのだが…。

配線が細すぎて接続が難しすぎる。

カテゴリー: ラジヘリ | コメントする

Eachine UK65バッテリー購入

P_20181027_195538_vHDR_Auto

BETAFPVに注文しておいた、UK65用のバッテリーが到着しました。

注文してから到着するまで一ヶ月以上かかった…遅すぎる。

UK65はフレームが弱いとの事だったので、フレームやらプロペラを買ったのだが、家の中で飛ばしている限りではほとんど壊れないので当分出番はなさそう。

P_20181027_195643_vHDR_Auto

バッテリーは300mAh 1S 30C HVをチョイス。

標準バッテリーは250mAhなので、ちょっと容量アップ。

P_20181027_201242_vHDR_AutoP_20181027_201318_vHDR_Auto_HP

充電して機体に取り付け。

ちょっと電源ケーブルを接続しにくい。

P_20181027_212711_vHDR_Auto

なので、延長コード的なものを作った。

しかし、300mAhに容量増やした所で、結局2分くらいしか飛べないのでイマイチ楽しめない。

そもそもFPV飛行が面白いかって言ったら、ゲームと大して変わらなくて微妙という…。

 

そういえば、本物のラジコンカーを操作して、チェルノブイリ周辺を再現したジオラマフィールドを探索するゲームがあるそうな。

https://www.isotopium.com/?ref=Kickstarter

ジオラマはかなりのハイクオリティだが、やっぱり本物のチェルノブイリを探索したいという気もする。

 

P_20181024_003002_vHDR_Auto

Tyrant150は、やっとFCに受信機を認識させる所まで接続した。

betaflight5

Omnibus F4 V3は、S-BUS接続の場合、基板上のSBUSと書かれているところを半田でショートさせる必要があったり、Betaflight上でUART6のシリアル受信を有効にしておかなかったりいけなかったりと、いろいろと細かい作業が多い。

コネクタ類等もなく、基板に穴が空いているだけなので、配線をはんだ付けする必要があって大変だ。

もっと細かい作業ができる細いコテ先がないと厳しい気がしてきた…。

カテゴリー: ラジヘリ | コメントする

AnniTORi RACING QS Pro設定ができなくなった

P_20181009_115151_vHDR_Auto

あまりにも爆熱すぎて、暑い昼間は全く乗る気が起こらず、夜中に首都高湾岸線を走るという以外に使い道がなかったSC57CBR1000RRだが、最近は秋らしく昼間の気温も下がってきたので、日光まで出かけてみた。

P_20181009_144252_vHDR_Auto_HP

明智平に到着。

夏より気温が下がっているものの、やっぱりSC57は爆熱!信号待ちで止まっているだけで水温が100度を超え、空冷ファンが回りっぱなし。

冬は良い暖房になりそうだが、人間が乗る乗り物としてこれでいいんだろうか…。

そして何故かクイックシフターのアップ側が反応しづらくなっていた。

ダウン側は良好に反応するのだが、アップ側は3回に1回くらいしか反応してくれない。

気温が下がったため、クイックシフターの設定を変える必要があるのかと思い、Bluetoothで接続を試みるものの、全く接続できない…これだからBluetoothはだめだ。

Pokemon Go Plusといい、まともに接続できた試しがない。

P_20181016_162647_vHDR_Auto

結局クイックシフターのアップ側が反応しづらい理由は、上の画像のチェンジペダルの赤丸部分のボルトが緩んでいたため、センサーがギアチェンジを感知しづらくなっていただけだった。

ボルトを締めたらちゃんとクイックシフターは動作するようになったが、Bluetoothが繋がらないため設定が出来ない問題は解決していない。

AnniTORi RACINGのサポートに問い合わせた所、「クイックシフターをバッテリーから取り外して、30秒間待ってから接続しなおして、スマフォアプリ再インストールから試してみて」と言われたので試してみたけど結局症状は変わらず。

そもそもBluetooth Finderなどのアプリで、クイックシフター本体から電波が出ているか確認しても、全く検知してくれない。

単純に、クイックシフター本体のBluetooth通信ユニットが壊れてしまっているような気がする…SC57の爆熱のせいかな…。

一応AnniTORi RACINGに修理できるか問い合わせているが、現状クイックシフターとしては正常に機能しているので、多分放置だろう。

カテゴリー: バイク | コメントする

Eachine UK65購入

P_20181007_184130_vHDR_Auto_HP (1)

最近流行りのTiny Whoop、Eachine UK65を購入しました。

P_20181007_184245_vHDR_Auto_HP (1) P_20181007_184731_vHDR_Auto

小さ…こんなサイズでも5.8GHz帯VTXを搭載しているので免許が必要だ。

そして困ったことに、この機体はBNFなので、送信機は別に用意しなければならない。

そして対応プロトコルはFrskyとFlyskyでフタバは対応していない…。

所がである!FrskyのチップとFutabaのS-FHSSチップは同じ物なので、BetaflightのファームウェアアップデートでFutaba S-FHSSでバインド可能なのだ。

FrskyのプロトコルのFCをFutabaのプロトコルに書き換えるファームウェアを公開する神が現れる

http://fpvdrone.blog.fc2.com/blog-entry-31.html

 

IMG_20181012_031138

試した所、確かにフタバ S-FHSSモードでバインド可能だった。

しかし操縦してても面白くないなこれ…2分くらいしか飛べないし。

カテゴリー: ラジヘリ | コメントする