EACHINE UK65 電源コネクタ交換

P_20181110_193235_vHDR_Auto

イマイチやる気のおきないTiny Whoop UK65。

飛行時間が2分位と短く、FPVの画質も悪くてイマイチ。

P_20181111_044726_vHDR_Auto

どうやら飛行時間が短いのは、標準の電源コネクタとケーブルがしょぼいかららしい。

https://www.t0t0.fr/2018/10/08/ur65-uk65-us65-flight-improvement/

標準では26AWGのケーブルが使われているのだが、これをちょっと太い24AWGに変えて、コネクタもちゃんとした奴にすると良いらしい。、

P_20181111_050322_vHDR_Auto

細いケーブルに悪戦苦闘しながらも、なんとかケーブルの換装に成功。

P_20181111_051642_vHDR_Auto_HP

今までは飛行開始直後に、OSD上に「電圧降下したから着陸しろ」のメッセージが出ていたが、それがなくなり、大体30秒くらいは長く飛べるようになった。

ケーブル&コネクタ交換の効果は絶大なようだ。

それでも3分くらいしか飛べないけど…。

最近はFPVより、普通に部屋の中をぐるぐる回ったり、狭いところをくぐらせたりなど、ラジコン的に飛ばして遊んでいる。

家の中で最もお手軽に遊べるラジコンとしては、Tiny Whoopは結構いいかもしれない。

カテゴリー: ラジヘリ | コメントする

フライトコントローラF4が燃えてしまった

P_20181109_213658_vHDR_Auto

Omnibus F4 Pro V3フライトコントローラだが、ブザーのテストをするために、配線のテストをしていたら、あっさりと煙を吹いて燃えてしまった。

USB接続しても、うんともすんとも言わなくなってしまったため、完全に死んでしまった模様。

いやいや、ブザー周りの配線に、そんなに即死するような配線があるのかよ?

ちなみに調べた限りでは、配線図は以下のようになる。

68747470733a2f2f717561646d6575702e636f6d2f77702d636f6e74656e742f75706c6f6164732f323031362f31312f4f6d6e696275732d46342d50696e6f75742d546f702d46756c6c2d373638783434372e6a7067 img_2

受信機とGPSの接続まではうまく行っていたのだが…。

配線が細すぎて接続が難しすぎる。

カテゴリー: ラジヘリ | コメントする

Eachine UK65バッテリー購入

P_20181027_195538_vHDR_Auto

BETAFPVに注文しておいた、UK65用のバッテリーが到着しました。

注文してから到着するまで一ヶ月以上かかった…遅すぎる。

UK65はフレームが弱いとの事だったので、フレームやらプロペラを買ったのだが、家の中で飛ばしている限りではほとんど壊れないので当分出番はなさそう。

P_20181027_195643_vHDR_Auto

バッテリーは300mAh 1S 30C HVをチョイス。

標準バッテリーは250mAhなので、ちょっと容量アップ。

P_20181027_201242_vHDR_AutoP_20181027_201318_vHDR_Auto_HP

充電して機体に取り付け。

ちょっと電源ケーブルを接続しにくい。

P_20181027_212711_vHDR_Auto

なので、延長コード的なものを作った。

しかし、300mAhに容量増やした所で、結局2分くらいしか飛べないのでイマイチ楽しめない。

そもそもFPV飛行が面白いかって言ったら、ゲームと大して変わらなくて微妙という…。

 

そういえば、本物のラジコンカーを操作して、チェルノブイリ周辺を再現したジオラマフィールドを探索するゲームがあるそうな。

https://www.isotopium.com/?ref=Kickstarter

ジオラマはかなりのハイクオリティだが、やっぱり本物のチェルノブイリを探索したいという気もする。

 

P_20181024_003002_vHDR_Auto

Tyrant150は、やっとFCに受信機を認識させる所まで接続した。

betaflight5

Omnibus F4 V3は、S-BUS接続の場合、基板上のSBUSと書かれているところを半田でショートさせる必要があったり、Betaflight上でUART6のシリアル受信を有効にしておかなかったりいけなかったりと、いろいろと細かい作業が多い。

コネクタ類等もなく、基板に穴が空いているだけなので、配線をはんだ付けする必要があって大変だ。

もっと細かい作業ができる細いコテ先がないと厳しい気がしてきた…。

カテゴリー: ラジヘリ | コメントする

AnniTORi RACING QS Pro設定ができなくなった

P_20181009_115151_vHDR_Auto

あまりにも爆熱すぎて、暑い昼間は全く乗る気が起こらず、夜中に首都高湾岸線を走るという以外に使い道がなかったSC57CBR1000RRだが、最近は秋らしく昼間の気温も下がってきたので、日光まで出かけてみた。

P_20181009_144252_vHDR_Auto_HP

明智平に到着。

夏より気温が下がっているものの、やっぱりSC57は爆熱!信号待ちで止まっているだけで水温が100度を超え、空冷ファンが回りっぱなし。

冬は良い暖房になりそうだが、人間が乗る乗り物としてこれでいいんだろうか…。

そして何故かクイックシフターのアップ側が反応しづらくなっていた。

ダウン側は良好に反応するのだが、アップ側は3回に1回くらいしか反応してくれない。

気温が下がったため、クイックシフターの設定を変える必要があるのかと思い、Bluetoothで接続を試みるものの、全く接続できない…これだからBluetoothはだめだ。

Pokemon Go Plusといい、まともに接続できた試しがない。

P_20181016_162647_vHDR_Auto

結局クイックシフターのアップ側が反応しづらい理由は、上の画像のチェンジペダルの赤丸部分のボルトが緩んでいたため、センサーがギアチェンジを感知しづらくなっていただけだった。

ボルトを締めたらちゃんとクイックシフターは動作するようになったが、Bluetoothが繋がらないため設定が出来ない問題は解決していない。

AnniTORi RACINGのサポートに問い合わせた所、「クイックシフターをバッテリーから取り外して、30秒間待ってから接続しなおして、スマフォアプリ再インストールから試してみて」と言われたので試してみたけど結局症状は変わらず。

そもそもBluetooth Finderなどのアプリで、クイックシフター本体から電波が出ているか確認しても、全く検知してくれない。

単純に、クイックシフター本体のBluetooth通信ユニットが壊れてしまっているような気がする…SC57の爆熱のせいかな…。

一応AnniTORi RACINGに修理できるか問い合わせているが、現状クイックシフターとしては正常に機能しているので、多分放置だろう。

カテゴリー: バイク | コメントする

Eachine UK65購入

P_20181007_184130_vHDR_Auto_HP (1)

最近流行りのTiny Whoop、Eachine UK65を購入しました。

P_20181007_184245_vHDR_Auto_HP (1) P_20181007_184731_vHDR_Auto

小さ…こんなサイズでも5.8GHz帯VTXを搭載しているので免許が必要だ。

そして困ったことに、この機体はBNFなので、送信機は別に用意しなければならない。

そして対応プロトコルはFrskyとFlyskyでフタバは対応していない…。

所がである!FrskyのチップとFutabaのS-FHSSチップは同じ物なので、BetaflightのファームウェアアップデートでFutaba S-FHSSでバインド可能なのだ。

FrskyのプロトコルのFCをFutabaのプロトコルに書き換えるファームウェアを公開する神が現れる

http://fpvdrone.blog.fc2.com/blog-entry-31.html

 

IMG_20181012_031138

試した所、確かにフタバ S-FHSSモードでバインド可能だった。

しかし操縦してても面白くないなこれ…2分くらいしか飛べないし。

カテゴリー: ラジヘリ | コメントする

RunCam Split2を購入

P_20181005_190147

イマイチやる気の起きないドローンだが、先月注文したRunCam Split2というカメラがやっと届いた。

P_20181005_190232

P_20181005_190325

MicroSDスロットを搭載していて、フルHD60fpsの動画が撮影可能なカメラらしい。

そもそも先日届いたフライトコントローラーもセットアップしてないので、カメラをどうこうとかいう段階ではない。

やる気が出るまで放置予定だが、保証期間内に動作確認だけでもしておかないと、不良品だった時に返品ができないか。Made in Chainaの不良品率半端ないし…。

 

カテゴリー: ラジヘリ | コメントする

LiFeが過充電で膨らんだ

P_20180929_074816

先日ドローン用のバッテリーと一緒に、Futaba 14SGプロポ用のLiFeバッテリーも買ったのだが、充電器に接続したまま放置していたら、あっという間に膨らんで使えなくなってしまいました。

Futaba純正充電器にオートカットが付いてるのかと思いきや、そんなものは付いてなかった…。

P_20180929_193547

6.6Vのバッテリーに対して、電圧は10V以上になって、完全に過充電となっていた。

これだけ膨らんでいるとケースに入らず使えない…ゴミとして処分するしかない。

LiFeはLiPoと違い爆発する危険は少ない。あのタミヤが純正バッテリーとして採用するくらい安全性は高い。

しかしLiPoに対する優位性は少ないため、確かバッテリーを製造しているA123Systemsは倒産してしまった。

今後もLiFeが主流になる事はないだろう。

カテゴリー: ラジヘリ | コメントする

Omnibus F4 Pro V3到着

P_20180925_175255

フライトコントローラーOmnibus F4 V3が届いたので、早速ファームウェアをアップデート。

ファームを書き込む所でいきなり難しい…。

NAZEではbootピンをショートさせていたが、F4はBootボタンがあり、これを押しながらUSB接続すると、Betaflightを書き込める。

P_20180927_205930 P_20180925_175335

バッテリーやGPSも到着した。

バッテリーはZippy Compact 4S 1300mAhとTurnigy Graphene 4S 1300mAhをチョイス。

しかしやる気が起きなくて全然セットアップは進んでいない。

ドローンの操縦自体が、あまり面白くないような気がする…FPV飛行も、こんなめんどくさいことするくらいなら、ゲームでいいじゃんという気がしないでもない。

ラジヘリはずっと飽きずに飛ばしているのに、なぜかドローンは速攻で飽きてきている。

そもそも「模型」じゃないからか?

カテゴリー: ラジヘリ | コメントする

FPVレーシングドローンTyrant150墜落

P_20180918_112958

ANGLEモードのおかげで、FPV飛行に慣れてきたので、ちょっと高度を上げたら、なぜか勝手にDisarmされて操縦不能になり墜落しました。

上空に行くと風が強いのか、なぜか機体がガクガク揺れるし、音も聞こえなくなってしまうため、さっぱり状況がわからない。

なんだか電波切れのノーコンのような感じだったが、100mも離れてないよなぁ?

使用プロポはFutaba 14SG で、使用受信機はOrangeRX GA400Fだ。

受信機のアンテナが1本しかないので、イマイチ感度が良くないのかもしれない。

2本アンテナが出ているダイバーシティタイプの方が良いらしいので、良いやつがないか今度探してみよう。

ちなみに墜落しても、特に損傷は無かった。意外と頑丈?

P_20180918_114104

もう一機の方は飛ばそうとしたら、右下のローターアダプターとペラが吹っ飛んで行方不明になってしまった。

なんで逆ネジタイプなのに外れるんだ?予備パーツを注文しておくか…。

ドローンのパーツは店舗で買えず、ほとんど海外通販に頼らなければならないため、注文しても1~2週間ほどかかって非常にじれったい。

まぁラジヘリの頃から受給の悪さは変わらんか…。

カテゴリー: ラジヘリ | コメントする

FPVドローンTyrant150ペラを3枚仕様に変更

P_20180913_012433

P_20180913_020116

FPVドローンのTyrant150。

今までは最初から付いてきた3030の2枚ペラを使っていたのだが、ネットで調べたらみんな3枚ペラを使っていたので、試しに3045ペラに変えてみた。

これが想像以上に効果抜群!

騒音も少なくなったし、今まで飛べなかった弱った3Sリポでもちゃんと飛べるようになるくらい揚力が上がった。

4S飛行時も、今までのもっさり感がかなり減り、かなり高機動な飛行ができるようになった。

こんなに変わるなら、そりゃみんな3枚ペラ使うわ。

 

betaflight4

あと、今更ながらANGLEモードやHORIZONモードの存在に気付いた。

  • ANGLE 安定モード。スティックを離すと水平に戻る
  • HORIZON 中間モード。ANGLEモードより機体を傾けられるが、スティックを離すと水平に戻る
  • ACRO アクロモード。ヘリのようにスティックを離しても機体角度はそのまま。Betaflightはデフォルトがこのモード

今まではデフォルトのアクロモードで飛ばしていたので、FPV飛行時にすぐに機体の傾きがわからなくなり、全く操縦できなかったが、ANGLEモードなら勝手に水平に戻るので超簡単!

ドローンでロールや宙返りした所で大して面白くないので、しばらくはANGLEモードでFPV飛行の練習をする事にしよう。

他にもスロットルオフ時に機体の姿勢を維持するというAIRモードがあるのだが、正直言ってこれは何の役に立つのかよくわからん。

 

ANGLEモードのおかげで、だいぶFPV飛行が楽になってだんだんやる気が出てきた。

しかし機体が小さく、遠くに行くとすぐに見えなくなってしまうので、ロストが怖い。

今後はフライトコントローラ&GPSを搭載して、return to homeを試して見る予定。

カテゴリー: ラジヘリ | コメントする