ガバナー

EP-5に搭載されているPhoenix35ESCは、ガバナーモードに定評のあるESCらしい。
今までガバナーモードを使った事がないので、ローター回転数を維持するものくらいしかわからず、ローター回転数の設定方法も不明だった。
調べてみたらどうやらスロットル開度が、モーター回転数になるだけっぽぃ。
普通のガスモードのスロットルだと、たとえば60に設定してもピッチを入れると抵抗により回転数が落ちる。
これがガバナーモードだとモーターが60%の回転数を維持するようになる…というものらしい。
で、ためしにスロットルを60に設定してガバナーモードを試してみた。
だがローターの回転数が異様に高くなり、ホバのポイントが合わなくなってしまったため40に落とした。
40くらいで今までのピッチでホバできる感じだが、そこからピッチを急激に入れるとローターが回転落ちする…。
ローターが一旦回転落ちした後、元の回転数に戻る感じでなんだかあまり安定しない。
フィーリングがいまいち合わなかったため結局ガスモードに戻した。
なんだかガバナーはガバナーで設定にコツがいるような気がする。
もうちょっといろいろ調べて再挑戦するか。

関連記事

カテゴリー: ラジヘリ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)