CBR1100XXカムチェーンテンショナー交換

北海道ツーリングで総走行距離が35000kmを超えたのでSBBのカムチェーンテンショナーを交換する事にした。
20091010_1.jpg
4210円也。
このカムチェーンテンショナーはSBBの弱点らしく、劣化するとエンジンがガラガラうるさくなるので2万kmくらいで交換するといいのだとか。
うちのSBBは今まで交換なしで特に違和感は感じないのだが…。
20091010_2.jpg
右側のカウルを外すとリフターが見えるので、単に取り外して交換するだけ。
ラジエータホースが邪魔くさい。
20091010_3.jpg
新しいリフターを取り付けたらストッパーを外す。
交換直後はなんだかエンジンのかかりが異常に悪く、セルを回しまくってたらバッテリーが上がってしまった…。
北海道から帰ってきてからほったらかしだったのが悪いのか、リフター交換の影響なのかよくわからない。
バッテリー充電後はちゃんとエンジンがかかるようになった。
で、交換した結果調子が良くなったかというと…多少アイドリングが安定して静かになったような気がする。
あくまで気がするだけなのでプラシーボかもしれない。
別に交換しなくても大丈夫だった気もするが、これで調子がよくなったと思うことにしよう。

関連記事

カテゴリー: バイク パーマリンク

CBR1100XXカムチェーンテンショナー交換 への1件のフィードバック

  1. udon のコメント:

    SBBって右のサイドカムチェーンなんだね。ニンジャと反対側だ。
    カムチェーンテンショナーでガラガラ音が改善するというのは眉唾だと思います。高回転域でバルブタイミングが狂うのが修正されるだろうけど。
    僕の短いバイク歴から言うとガラガラ音の正体はヘッド(タペットまわり)かクラッチ近辺のことが多い。たぶん。
    ちなみに僕のバイクはカムギヤなので調整不要。そんかわり試用限界まで摩耗したら交換せねば。

udon へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)