タミヤM-03ミニクーパーを塗る

i-img1200x675-1523090999f3m5gs21475

ヤフオクでジャンク品のタミヤM-03ラジコンカーを買いました。

色々オプションが付いて3000円くらいだった。

ご覧の通り、ボディはボロボロのミニクーパーなのだが、見た目かわいいので、新品の同じボディを買って載せようかと思っていた。

しかし実はタミヤのミニクーパーは、2016年に版権が切れてしまったらしく、もう生産されていないようだ。

この見慣れたミニが絶版なんて信じられん…。

P_20180711_005847

しょうがないので、ボディの塗装を剥がして赤で塗ってみる。

しかし擦り傷だらけだし、割れも多いボディではやる気がでないため、かなり適当なマスキングで塗装した。

P_20180711_164614P_20180711_164626

塗り終わったものの、やはり見た目のボロさは拭えない。

表面の擦り傷を消す上手い方法はないもんだろうか…。

P_20180711_201248

気分転換に、LEDを付けてみることにした。

秋月電子で買ってきた安物LEDの点灯電圧がわからず四苦八苦。

抵抗も200Ωのものしか手持ちがないため、並列接続等して抵抗値を変えて、なんとか全部点灯するようにした。

P_20180711_214538 P_20180711_214549

ライトを付けてみたものの、やはりボロさは拭えず…まぁしょうがないか。

テールのLEDが20個で100円の安物のためか、イマイチ明るさが足り無い。

もうちょっと良い高輝度LEDに変えたほうがいいかも。

ちなみに走りはFF車のため、あまり面白くないが、ホイールベースが短いためか、結構小回りは効く。

関連記事

カテゴリー: 日記 パーマリンク

タミヤM-03ミニクーパーを塗る への4件のフィードバック

  1. tiger22 のコメント:

    Kama さん、こんにちは。

    > 表面の擦り傷を消す上手い方法はないもんだろうか…。
    私は最近、ホバークラフトを作る時にダイソーのエポキシ接着剤を使いました。
    http://tiger22618.blog104.fc2.com/blog-entry-4630.html

    これは表面がツルツルに仕上がります。通常は A液と B液を 1:1 に混ぜるのですが、この比率を変えるとさらさらと塗りやすくなるようです。反面、固まる時間が標準の 10分以上かかるようになります。気温が高ければ、もっと早いと思います。

    たったの 108円です。粘度を変えて、気軽に試してみることができます。表面が多少凸凹になっても、プラモのようにヤスリがけして均すことが可能です。たぶんうまく行くと思います。

    • kama のコメント:

      tiger22さんこんにちは。

      なるほどエポキシ接着剤ですか…調べてみたら、ラジコンボディの修復にエポキシ出てるみたいですね。
      穴はこれで塞いで見ることにします。

      ただ、いかんせんデカールが擦り傷だらけなのが、どうにもならんです。
      時代相応のボロさってことで、まぁいいかと思ってますが…。

  2. tiger22 のコメント:

    考えてみたら、普通にパテを埋めて、ヤスリがけしても良いかもしれませんね。パテが、衝撃に対してどの程度強いかはわかりませんが。

    デカールは、ミニクーパーなら売っていそうですが、どうなんでしょう? なければ適当なものを流用するしかありませんね。

    私も数年前から 1/16 三号戦車のデカールを捜しているのですが、いまだに欲しいものが見つかりません。

    • kama のコメント:

      パテだと多分転んだ時に速攻で割れると思います。
      結構スピードが速いので、よく転がります。

      三号戦車のデカールは、タミヤの1/35のデカールを拡大コピーして使ってる人を見かけたことがあります。
      プラモデルを1/1で作る会も、1/35の拡大コピーですね。

tiger22 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)