AnniTORi RACING QS Pro設定ができなくなった

P_20181009_115151_vHDR_Auto

あまりにも爆熱すぎて、暑い昼間は全く乗る気が起こらず、夜中に首都高湾岸線を走るという以外に使い道がなかったSC57CBR1000RRだが、最近は秋らしく昼間の気温も下がってきたので、日光まで出かけてみた。

P_20181009_144252_vHDR_Auto_HP

明智平に到着。

夏より気温が下がっているものの、やっぱりSC57は爆熱!信号待ちで止まっているだけで水温が100度を超え、空冷ファンが回りっぱなし。

冬は良い暖房になりそうだが、人間が乗る乗り物としてこれでいいんだろうか…。

そして何故かクイックシフターのアップ側が反応しづらくなっていた。

ダウン側は良好に反応するのだが、アップ側は3回に1回くらいしか反応してくれない。

気温が下がったため、クイックシフターの設定を変える必要があるのかと思い、Bluetoothで接続を試みるものの、全く接続できない…これだからBluetoothはだめだ。

Pokemon Go Plusといい、まともに接続できた試しがない。

P_20181016_162647_vHDR_Auto

結局クイックシフターのアップ側が反応しづらい理由は、上の画像のチェンジペダルの赤丸部分のボルトが緩んでいたため、センサーがギアチェンジを感知しづらくなっていただけだった。

ボルトを締めたらちゃんとクイックシフターは動作するようになったが、Bluetoothが繋がらないため設定が出来ない問題は解決していない。

AnniTORi RACINGのサポートに問い合わせた所、「クイックシフターをバッテリーから取り外して、30秒間待ってから接続しなおして、スマフォアプリ再インストールから試してみて」と言われたので試してみたけど結局症状は変わらず。

そもそもBluetooth Finderなどのアプリで、クイックシフター本体から電波が出ているか確認しても、全く検知してくれない。

単純に、クイックシフター本体のBluetooth通信ユニットが壊れてしまっているような気がする…SC57の爆熱のせいかな…。

一応AnniTORi RACINGに修理できるか問い合わせているが、現状クイックシフターとしては正常に機能しているので、多分放置だろう。

関連記事

カテゴリー: バイク パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)