例のグラボ(RADEON RX470)を搭載

P_20190125_195907_vHDR_Auto_HP

最近巷で大流行の例のグラボを購入しました。PC Arkで6458円。

簡単に説明すると、映像出力のないマイニング用GPUが大量放出されてお買い得。

性能的にはGeForce1060やPS4Pro程度だろうか?PS4Proが6458円と考えれば確かにお買い得だろう(GPUだけだけど)

「例のグラボ」で検索すれば、いくらでも情報は出てくるので、詳細は割愛。

 

P_20190125_200049_vHDR_Auto_HP

Dipスイッチが2個付いており、これを切り替えることによって、4種類のBIOSが使えるらしい。

rx470_1 rx470_2

運がよいとデフォルトのBIOSで使えるらしいが、うちのはコード43が出て使用不可能だったので、ATIFlashでBIOSを書き換えた。

 

BIOS書き換えで、RX470を正常に認識させられたのだが、何故かWindows10のGPU割当ができない。

メニュー自体が存在しないのだ。

Windows10 – グラフィックの設定(アプリごとに使用するGPUを選択)

どうやらWindows Updateをしないと駄目なようだ。

うちはWindows10 の勝手にアップデートして再起動が嫌なので、Windows Updateのサービス自体を無効にしている。

で、久しぶりにWindows Updateをかけたら、10時間経っても終わらないという…なんというアップデートの遅さ。

P_20190126_155646_vHDR_Auto_HP

Windows Updateも無事終わり、試しに適当にゲームをGPUに割り当てたのだが、すぐに再起動がかかってしまう。

色々調べてみたところ、KEIANの550W電源がイマイチなようで、試しに余ってたStronger の600W電源を使ったら正常動作したので、電源入れ替えをすることに。

なんやかんやで色々手間がかかるなぁ。

cpu-z

電源を入れ替えて無事動作するようになったので、ついでにBIOSを書き換えてRX580化。

色々書き込めるBIOSは多いのだが、例え書き込み成功しても、実際に動作させると停止してしまう事があるので、動くBIOSを手探りで探す必要があるようだ。

 

Windows Updateや電源入れ替えのせいで、かなり手間取ってしまったが、値段が6458円と激安なのでまぁしょうがないか。

関連記事

カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)