浜松に行って鈴鹿8耐観戦

ブラバで浜松方面にツーリングに行きました。

P_20180727_114242

本田宗一郎ものづくり伝承館を見学。入館料は無料だ。

P_20180727_114727 P_20180727_114735

館内にはバイクが何台か展示されており、これは3ヶ月ローテーションで入れ替わるようだ。

P_20180727_122157

今まで知らなかったのだが、本田宗一郎は絵画が結構上手い!

P_20180727_122213

本田宗一郎が使っていた製図板が展示されているのだが、これを使って絵画を書いていたそうな。

製品を作る際、性能を重視するのは勿論、デザインも重視していたのだとか…まぁ見た目が良くなきゃ売れないか。

P_20180727_134524

館の近くにはこんな感じの正午を伝える鐘がある。

宗一郎少年は、正午を知らせる鐘を30分前に突き、まんまと弁当を早く食べたといわれている」と書かれている。意外とワルだ…。

P_20180727_143511

山奥を走って道の駅くんま水車の里に行ってみた。

水車がメインの道の駅らしいが、水車は回っているものの、何かの動力として利用しているわけではなく、本当にただ回っているだけだった。

臼のようなものがあったので、それに利用するのかもしれない。

P_20180727_164055

コーヒーブラックバードに行ってきました。

ブラバの開発責任者、山中勲さんのお店です。

P_20180729_195046

店内にはバイク関連の展示がいっぱい。

そして、妙な進路を取る台風のせいで、荒れに荒れた鈴鹿8耐を一緒にテレビで観戦。

よく考えたら、今までバイクレースというものを一度もまともに観たことがなかった。まぁただの元通勤ライダーだし…。

今回の鈴鹿8耐は、ヤマハの4連覇を阻止すべく、ホンダが10年ぶりにワークス参戦するという中々熱い展開。

しかし結果はヤマハの勝利という、ホンダ乗りには残念な結果に…。

個人的には、10年ぶりにワークス参戦して2位になったホンダも凄いと思うのだが、やっぱり1位じゃなきゃ納得行かないという意見が大半を占めた。

来年こそは!

カテゴリー: バイク | コメントする

CBR1100XXキャリア取り付け&整備

CBR1100XX(通称ブラバ)にGIVIキャリア取り付け&整備する事にした。

整備メニューは…

  • オイル&フィルター交換
  • カムチェーンテンショナー交換
  • レギュレータに冷却FAN取り付け
  • プラグ交換
  • バッテリー交換
  • エアフィルター交換
  • エンジンコンディショナー注入
  • クーラント補充

本当は電圧計も取り付けたかったのだが、アマゾンで購入した安物電圧計が不良品だった。

まぁ今までやったことのある作業ばかりなので、特に手間取る事はない。

P_20180721_052012

まずはカウルを外してタンクを外すのだが、燃料ホース2本を含むホース類4本と燃料計のコネクタを外さなければならない。

特に燃料ホース以外のホース類は、どこに繋がっているのか分かりづらいので、今回はマジック類で印を付けておいた。

P_20180721_053701 P_20180721_052458

エアクリーナーをチェック。

あまり汚れてはいないのだが、経年劣化で色が変色している。

モノタロウで買ったサードパーティー製の物に交換。

ついでにオイル交換前に余っていたエンジンコンディショナーを注入して、エンジン内部を掃除…果たして本当に掃除できてるのか不明だが。

P_20180721_054613

プラグを交換。

元から付いていたのはCR9EHVX-9だが、今回はイリジウムのCR9EHIX-9に交換。

この前整備したSC57CBR1000RRにの3Dパズルに比べたら、なんとブラバのプラグ交換の楽な事か。

SC57みたいに、パーツがギュウギュウに詰まっているのではなく、ブラバはかなりスペース的に余裕がある感じだ。

プラグの価格もヤフオクで4本3500円程度と、SC57CBR1000RRの4本7000円程度より大分安い。

ただし、聞いた話によると、SC57は10万km走行まで、一回もプラグ交換しなくて良いらしい。

P_20180721_055704

カムチェーンテンショナー交換。

注意点は、頭のネジを再利用する事くらいで、あとは残ったガスケットを剥がすのが面倒なくらいで、特に難しい所は無い。

このパーツは2万kmくらいで定期的に交換した方が良いらしいが、うちのブラバでこのパーツの劣化により不具合が生じたことはない。

劣化するとジャラジャラ音が酷くなるらしいが…。

P_20180721_070837 P_20180721_065459

オイル&オイルフィルター交換。

オイルはいつものシェブロン10w-40。

これしか持ってないし、このオイルで不具合が出たことはない。

P_20180721_085610

レギュレータに冷却FANを取り付け。

レギュレータはとにかく熱で壊れやすいのだが、冷却FANで冷やせばほとんど壊れなくなる。

電源はすぐ近くのヒューズから取り、FAN自体は両面テープで貼り付けただけ。

本当はネジかタイラップで固定したかったのだが、うまく取り付けできなかった。

両面テープだけだと剥がれてきてしまいそうなので、接着剤で補強しておいた。

P_20180721_181800

GIVIキャリア取り付け。

元から付いている荷掛けフックを外して取り付けるのだが、ヤフオクの安物を買ったため、取付用のネジ類が付いてなかった。

しかもM8の70mm以上の長いネジが必要で、これがなかなか売ってない。

島忠にプラスネジながらも、M8の100mmネジが売っていたので、これを無理矢理取り付けた。

P_20180721_181754

このクソ暑い中、滝のように汗を流しながら、なんとか組み上げた。

P_20180721_181805

以前乗っていたブラバには付いてなかったスポンジ類が、カウルとエンジンの間に入っていた。

このスポンジがあるためか、以前乗っていたブラバより足元が熱い気がする。

SC57は国内仕様のみ吸音用のスポンジが入っており、スポンジのせいで熱が籠もり壊れるため、スポンジを撤去した。

ブラバのこのスポンジも同じようなもんなのか?

以前スポンジ無しブラバで特に問題無かったため、このスポンジは撤去する事にした。

しかし、CBR600F4iのメンテナンス情報を見ると、「ラジエターとカウルの隙間をスポンジなどを利用して埋める工夫で水温降下が期待できます。

もしかして、このスポンジは吸音用や振動吸収用ではなくて、水温を下げるために付いているのだろうか?

まぁ走ってみて特に問題は感じないのでいいか。

カテゴリー: バイク | コメントする

1/10スバルサンバーWRX STiを制作

P_20180717_200340 P_20180717_200355

1/10ラジコンカー、スバルサンバーWRX STiを作りました。

このサイトを見て作りたくなったので真似した(http://machine-rc.dreamlog.jp/archives/4921348.html

ボディ スパイス製サンバートラック(http://www.hgd-spice.jp/blog111014114916.html

シャーシ タミヤ MF-01X(http://www.tamiya.com/japan/products/58614/index.html

P_20180717_200430

電飾はホビーキングで売ってた適当な奴を、ホットボンドで無理やり付けただけ。

https://hobbyking.com/jp_jp/gt-power-12-piece-super-bright-led-lighting-set-for-rc-cars.html?___store=jp_jp

P_20180717_200444

フロント側のボディポストが長すぎて剛性が足りないので、無理やりプラリペアで支柱を☓方向に付けて補強している。

で、走りはどうなのかというと、ホイールベースが短すぎて直進安定性が悪く、ハンドルを切ると巻き込むように速攻でスピンしてしまうため、かなり操縦性に難がある。

相変わらずアマゾンで売ってる安物ブラシレスを使っているのだが、とてもじゃないがフルパワーでは走れない。

 


GoolRC 3650 4370KV 4P センサレス ブラシレス モーター 45A ブラシレス ESC(電子 スピードコントローラー) 1/10 RC ラジコン オフロード車 バギー カー ジープ用

タミヤの説明書サイト(http://tamiya.com/japan/customer/downloads/rc/index.html)だと、MF-01Xはオンロードとなっている。

この見た目でオフロード走れないんだろうか?

カテゴリー: 日記 | コメントする

SC57CBR1000RR初昼間ツーリング

5月の購入以来、エンジン熱のあまりの凄さにへたれて、夜中に首都高に走りに行くだけだったSC57CBR1000RRだが、クイックシフターを付けて割と快適に走れるようになったので、ついに昼間のツーリングに行ってみる事にした。

P_20180714_105931

ひとまず奥多摩に到着。

予想はしていたがやっぱり熱い…というか、今日はむちゃくちゃ暑い!

エンジン熱がどうとかではなく、単純に猛暑日で暑いわ!

ちなみに普段乗っているNC750Dインテグラは、右足のDCT部分以外はそれほど熱くならないので割と快適。でもこの暑さじゃどうにもならんと思う。

 

クイックシフターは、アイドリング回転数でギアをガチャガチャ弄っていると、エンジンが止まってしまう事があったので、点火カット時間設定を変えようかと思ったら、Bluetoothが全く繋がらず…。

こんなに接続エラーだらけのBluetoothなら、直接コードで繋いで設定した方がマシだわ…。

しょうがないので、アイドリング回転数をちょっと上げたら、エンジンが止まる事はなくなった。

P_20180714_110041 P_20180714_115053

奥多摩水と緑のふれあい館で休憩。

無料で見学できるダム施設でエアコンが効いてて快適。

P_20180714_123300

P_20180714_123511P_20180714_123349

ついでに小河内ダム周辺を散策。展望台なんてあったのか。

今まで奥多摩には何回も来ているが、ダム施設を見学したのは初めてだ。

P_20180714_134151

奥多摩周遊に行ってみたが、なぜかバイクや車がほとんど走っていない。

月夜見第一駐車場もガラガラ。

こんな猛暑日だから、暑くて誰も走ってないかと思いきや…。

vlcsnap-2018-07-14-22h12m49s899

単にネズミ捕りをやっているだけでした。

対向車が猛烈なパッシングで知らせてくれたので被害には遭わず。

P_20180714_150920

警察が撤収した後は、どこからともなくバイクが大量にやってきました(今までどこに居たんだ?)

どこかで取締情報が共有されているんだろうか…。

P_20180714_181457 P_20180714_184603

帰りに猛烈な渋滞に巻き込まれ、休憩のためにBOOKOFF PLUS 東所沢店に寄ってみたら、1/16キングタイガーが4450円で売ってるのを発見。

ヘンロンの戦車をペイントしたものかと思いきや、車体下部にヘンロンのロゴはないし、よくわからないオンオフスイッチがあるのみ。

送信機が無いためヘンロンフォーマットの戦車かどうかもわからない。アンテナがしょぼかったのでトイラジなんだろうか?

一応サスは可動したので、ラジコンベースに良いかなぁと思ってのだが、SC57CBR1000RRでは持って帰れないので断念。

まぁ既にキングタイガーは持ってるしいいか。

カテゴリー: バイク, 戦車 | コメントする

タミヤM-03ミニクーパーを塗る

i-img1200x675-1523090999f3m5gs21475

ヤフオクでジャンク品のタミヤM-03ラジコンカーを買いました。

色々オプションが付いて3000円くらいだった。

ご覧の通り、ボディはボロボロのミニクーパーなのだが、見た目かわいいので、新品の同じボディを買って載せようかと思っていた。

しかし実はタミヤのミニクーパーは、2016年に版権が切れてしまったらしく、もう生産されていないようだ。

この見慣れたミニが絶版なんて信じられん…。

P_20180711_005847

しょうがないので、ボディの塗装を剥がして赤で塗ってみる。

しかし擦り傷だらけだし、割れも多いボディではやる気がでないため、かなり適当なマスキングで塗装した。

P_20180711_164614P_20180711_164626

塗り終わったものの、やはり見た目のボロさは拭えない。

表面の擦り傷を消す上手い方法はないもんだろうか…。

P_20180711_201248

気分転換に、LEDを付けてみることにした。

秋月電子で買ってきた安物LEDの点灯電圧がわからず四苦八苦。

抵抗も200Ωのものしか手持ちがないため、並列接続等して抵抗値を変えて、なんとか全部点灯するようにした。

P_20180711_214538 P_20180711_214549

ライトを付けてみたものの、やはりボロさは拭えず…まぁしょうがないか。

テールのLEDが20個で100円の安物のためか、イマイチ明るさが足り無い。

もうちょっと良い高輝度LEDに変えたほうがいいかも。

ちなみに走りはFF車のため、あまり面白くないが、ホイールベースが短いためか、結構小回りは効く。

カテゴリー: 日記 | 4件のコメント

初音ミク Studie GLAD BMW Z4にLEDホイールライトを組み込み

P_20180703_162935

Banggoodに売っていたラジコンカー用のLEDホイールライトシステムを気まぐれで購入しました。

P_20180703_221629

小さなボタン電池2個(364A型)を使用し、動体検知でLEDが点くようになっている。

P_20180703_230933

ホイールハブの代わりに取り付けるとこんな感じだ。

ほっとけば勝手に消えるので、電池を取り外す必要はない。

IMG_20180703_233015

タミヤ1/10 初音ミク Studie GLAD BMW Z4に取り付けてみた。

届いたのは青色だったが、初音ミクなら緑色の方がいいんじゃないだろうか?

色はRED GREEN BLUE WHITE ORANGEがあるらしいが、買う時に色を選べないのが難点。

カテゴリー: 日記 | コメントする

SC57 CBR1000RR AnniTORi RACING QS Proテスト

P_20180702_221621

苦労して取り付けたクイックシフターのテスト走行をしてきました。

SC57 CBR1000RR AnniTORi RACINGクイックシフター取り付け

クイックシフターに関して簡単に説明すると、クラッチを使わなくてもギアチェンジできるようになるシステムだ。

仕組みはシフトロッドにセンサーが付いており、これがギアチェンジを検知すると点火系がカットされ、ギアがフリーになるので、その隙にギアチェンジするというもの。

要はアクセル戻してクラッチを使わずにギアチェンジするのと同じである。

P_20180702_220844

首都高のPAに寄ったら、覆面パトカーが入ってきて、なんだか物々しい雰囲気に…。

SC57CBR1000RRは、見た目ド派手なバイクなので、警察に因縁を付けられそうである。

ブラバに乗っているときも、かなり警察に目の敵にされたが、インテグラに乗り換えてからは全く警察に相手にされなくなった。

もう単純にバイクの見た目で判断されているとしか思えん。

Screenshot_20180702-220943

クイックシフターの設定はスマフォのアプリでBluetooth通信を使って行うのだが、困ったことに、ハンドルのスマフォホルダーからではシート下に設置した本体まで電波が届かず接続できない。

多分途中に金属製のタンクがあるのが電波の邪魔しているのだろう。

走行中に設定できたら面白いと思うのだが、結局いちいち停車してスマフォをシート近くまで持っていって設定する事にした。

ちなみに設定項目は、プッシュとプルの感度(Sensitivty)と点火カット時間(Kill Time)だけで、RFXはいじってはいけないらしい。

感度はデフォルトの60で操作に何も問題ないのでそのまま。

点火カット時間は50~70の間で調整なのだが、デフォルトの60だと信号待ちで止まるためにクラッチを切ってギアをガチャガチャ6速から1速に下げている途中にエンストしてしまった。

なのでちょっと点火カット時間を短い55にしている。デフォルト設定で何も問題なければ弄る必要なさそうだ。

P_20180702_220201

で、結局AnniTORi RACING QS Pro クイックシフターはどんな感じかというと、今まで試乗会などで乗ってきたBMWや各種SSに装着されているクイックシフターと、感覚的にはほぼ同じだった。

QS Proは公式にはダウン非対応となっているが、それはオーバーレブして壊してしまうやつのクレーム対策なだけで、実際にはダウン側も動作する。

しかしエンジン回転数が低いと点火カットしてもギアのトルクが抜けきらないためかギアチェンジできない。

信号待ちで止まろうと思った時にギアダウンしようと思っても、CBRの6速の巡航回転数はせいぜい2000~3000rpmなので、ほぼギアダウンができない。

純正装着されているクイックシフターは、ブリッピングでギアダウンしてくれたような気がするので、ここだけはちょっと見劣りする感じか。

そして一番問題なのは、SC57のパワーがありすぎて、ほぼギアチェンジする機会がなく、あまりクイックシフターの恩恵を受けられないという事だ。

何しろ信号待ちで発進時に、1速でちょっとアクセル開けるだけで、速攻で法定速度以上になってしまう。

そして30km/h以上なら6速で走れてしまうため、1速で発進して6速まで一気にギアをあげて巡航という走り方でOKなのだ。クイックシフターの出番など無い。

高速道路は6速だけでOKで、他の車両を追い越すために、わざわざギアチェンジなどしなくても、ちょっとアクセルを開けるだけで法定速度の2倍である。

公道ならもうちょっとパワーの無い車両の方が、ギアチェンジの頻度が上がるので、クイックシフターの恩恵がでるんじゃないだろうか?

街乗りの快適装備としてはパワーのあるSC57では、クイックシフターはあまり恩恵を受けられず、YRRCSのような装備の方が良い。

まぁもともとクイックシフターは街乗り快適装備ではなく、レースでタイム削る用の装備だからしょうがないか。

 

AnniTORi QS Proは価格も安いし($270くらい)、点火プラグにアクセスできるなら、コネクタ接続するだけで簡単に取り付けできる。

最新バイクに標準装着されている事が多くなってきたクイックシフターを試すのにQS Proはお勧めだ。

カテゴリー: バイク | コメントする

SC57 CBR1000RR AnniTORi RACINGクイックシフター取り付け

P_20180614_205922

AnniTORi RACINGのクイックシフターを購入しました。

送料含めて$275.9でした。日本円だと3万円ちょい?

P_20180626_102928

サービスマニュアルを見ながらSC57をばらしていく。

ちなみにサービスマニュアルは英語版ならネットで拾える(http://www.manualedereparatie.info/en/download/honda-cbr-1000-rr-2004-2005-Service-manual.html

最初はタンクを外してすぐに見える部分に取り付けるのかと思ったが、これはセカンダリーインジェクターだそうな。

クイックシフターはイグニッションコイルに割り込ませなければならないので、プラグを探さなければ…。

SC57はFIなのだが、インジェクターが2つ搭載されており、3000rpm以上でスロットル開度が1/4以上の場合にセカンダリーインジェクターが作動する。

http://www.honda.co.jp/factbook/motor/cbr1000rr/200404/010.html より

これは乗っていてもはっきりとわかり、この機構があるからこそ、SC57はぶっ飛びバイクとなっている。

P_20180626_170026 (1)

先人達が公開しているSC57のプラグ交換情報により、なんとかプラグまで到達。

P_20180626_171929

はっきり言って、とんでもなくめんどくさい!プラグまでたどり着くためには、カウルを外してラジエータをずらさなければならない。

パーツもギュウギュウに詰め込まれているので、もはやこれは立体パズルだ。

P_20180630_150610 P_20180630_150929 P_20180630_150824

クイックシフターを取り付けるついでに、プラグも交換する事にした。

IMR9C-9HESというプラグで、CBR1000RRとCBR600RRくらいにしか使われていないプラグのようだ。

新品プラグと比べてみたが、ほとんど劣化してないような…磨けばまだ使えるような気がするが、あまりにも作業が大変なため、次にプラグを交換する機会はあるのだろうか?

P_20180702_044720

シフトロッドを取り付け。

取り付け角度がイマイチわからなかったため、元のシフトロッドと同じ長さになるように取り付けた。

awlinkage photo QS

ちなみにマニュアルだと、こういうふうに指定されている。

P_20180701_174519

P_20180702_045501

シフトロッド周りに付いている、余計な防音パーツを取り外した。

これは騒音規制用の防音パーツらしく、国内仕様のSC57にしか付いていない。

フルパワー化すると、この余計な防音パーツのせいで熱がこもり、ジェネレータ等が破損しやすくなるようだ。

ちなみにこのSC57は、既にフルパワー化されてた。

タンクやエアクリーナー周りにもゴムやらスポンジやらが入っているのだが、これは防振に役立ちそうなので残しておいてもいいのかな?と思ったのだが、熱で壊れてしまってはどうしようもないのでしょうがない。

そういえば、後期型のSC57は、ジェネレータ周りのカウルがなくなって熱対策されているような気がする…。

SC57後期

 

P_20180701_174458

クイックシフター本体を取り付けて動作テスト。

テスト方法は、エンジンをかけてクラッチを切った状態で6速までシフトアップし、エンジン回転数を上げた状態で存在しない7速目に入れようとした時に、エンジン回転数が落ちればOKらしい。

要は単純にシフト操作で点火がカットされればOK。

P_20180701_175228P_20180701_180250

ついでにオイルも交換する事にした。オイルフィルターは面倒なので今回はパス。オイル交換量は3Lだった。オイルはいつものシェブロン…これしか持ってないのだからしょうがない。

なんだかオイルが滲んで汚れているが、クランクシャフトポジションセンサーというケーブルのゴムパッキン辺りが怪しい。

今回はパーツクリーナーで清掃するだけで済ませたが、今後もオイルで汚れてくるようなら、ガスケットやパッキン交換も考えなければ。

P_20180702_065428

熱対策用に、余っていた12Vファンをレギュレータに取り付け。

もともと風通しの良い所にレギュが配置されているため、あまり効果はないかもしれない。

 

ちなみに後で組み立てる時戸惑ったとき用に、分解作業時の様子をすべてムービーに撮っておいたのだが、結局動画の解像度が低すぎて、ボルトやネジの種類が見づらくて、サービスマニュアルやパーツリストを頼りにしなければならなくなった。

まぁ分解動画とサービスマニュアルを比べたら、元から間違った方向にカラーが付いてたり、ボルトの長さ間違っていたりしていたが…。

P_20180702_080659P_20180702_080706

3Dパズルを解いて、なんとか組み上げたものの、ボルトが余ってしまった。

逆にクリムトリップは外した時にぶっ壊れまくったので足りなくなってしまった。

まぁちゃんと走ればいいや…。

P_20180702_083738

本来はスマフォのBluetoothでクイックシフターに接続して設定できるはずなのだが、いくらやってもペアリングできない。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.reb.bletest&hl=ja

ポケモンGo Plusといい、Bluetoothっていつもペアリング失敗しているイメージしかない。

ひとまずテストはまた今度か。

 

Screenshot_20180702-095523

繋がらなかったBluetoothだが、Android6以上の場合、どうやら位置情報の権限をアプリに設定しないと駄目なようだ。

設定→アプリと通知→アプリの権限→位置情報 からAnnitori QS Proに権限を与えたら、無事に接続できた。

カテゴリー: バイク | 1件のコメント

FPV開局申請に落ちる

先日からFPV用に無線局開局のために悪戦苦闘している。

開局申請自体は、総務省電波利用電子申請・届出システムLiteから行って完了した。

http://www.denpa.soumu.go.jp/public2/index.html

だが、「申請・届出につきまして、補正が必要な事項がありますので、お知らせいたします。」と連絡が来てしまった。

ひとつは免許と申請した住所が違うとの事だ。まぁこれは実家の住所を入力したのでしょうがない…ドローンを飛ばすのは主に実家の田舎なのでここにしたのだが、どうやら駄目なようだ。

もうひとつは、「技適が無い」という指摘だ。

「16工事設計書」の第1,2送信機につきまして、「技術基準適合証明番号」が入力されておりませんでした。

→「技術基準適合証明番号」は、送信機の裏面または底面に貼付されたシール、プレートに記載されており、「KV」「KH」「KU」「KN」「02KN」「002KN」「002-」で始まる番号です。

→16工事設計書の「技術基準適合証明設備の使用」にチェックを入れ、右側の編集ボタンをクリックして表示された別画面で技術基準適合証明番号を入力してください。

→「KV」「KH」「KU」の後に続く3桁の数字が「001~282」間の番号の場合、その後の5桁の番号も必ず入力してください。

→上記の番号がない送信機(主に平成4年以前に製造された送信機)を使用する場合は、お手数ですが、日本アマチュア無線振興協会(JARD)、またはTSS株式会社に必要書類を提出し、「基本保証」を受けていただく必要がございます。
 基本保証の詳細につきましては
・日本アマチュア無線振興協会(電話03-3910-7263)
・TSS株式会社(電話03-6261-3686)
へお問合せ下さい。

なお、登録予定の送信機に旧スプリアス規格の送信機が含まれる場合、総合通信局へは直接手続きをすることができません。
旧スプリアス規格の送信機の登録にあたっては、基本保証を受ける必要がありますので、お手数ですが日本アマチュア無線振興協会(JARD)、またはTSS株式会社にご確認いただきますようお願いいたします。

○開局申請の再提出(補正後提出)の操作手順については、■電子申請・届出システムLiteトップページ-右側にある「ヘルプ」-「操作手順」-「補正後提出」を参照してください。

関東総合通信局 アマチュア無線担当

要は技適の無い送信機は「基本保証」を受けないと申請できないのだ。

JARD基本保証(https://www.jard.or.jp/warranty/index.html

保証料は2台で5000円だった…そして保証手続きには2週間かかるらしい。

正直言って、もうめんどくさくてやってられない。

こりゃ日本でFPVなんかやる奴居ないわ。

 

カテゴリー: ラジヘリ | コメントする

ヤマハPAS GEARを移動

P_20180624_113359

先日購入したヤマハPAS GEARを、80km離れた実家に移動する事にしました。

移動方法は自走…バッテリーは2本あり、1本あたりの航続距離は大体50kmくらいなのでなんとかなるような気がする。

予備バッテリー輸送用に、後ろにトップケースを付けた。

ただのカゴだと、防犯性が全く無いので、駐車中にバッテリーを盗まれてしまう…。

P_20180624_113404

電圧計&スマフォ用USBチャージャー。日中だと全く電圧が見えん…。

PASは7セル25.9Vなので、車用の12V電装系は使えない。

なので、アマゾンで300円くらいで売ってるステップダウンモジュールを使って12Vくらいに降圧して、ダイソーのUSBシガーチャージャーに繋げた。


【ノーブランド品】電源モジュール パワーモジュール 調整可能 ステップダウン 電圧計 5A 75W DC-DC

そもそも最初からUSB5Vに降圧するだけで良いような気もするし、もしかしたら、24V電装系なら、普通に使えるかもしれない。

そして、上記のパワーモジュールだが、初期不良がやたら多くて、速攻で壊れることが多い。

ただでさえ到着するのに10日くらいかかるのに、初期不良品なんか引いたらそれだけでまた10日無駄になってしまうので、USBチャージャーを付けるなら、別の方法を模索した方がいいような気もする。

P_20180624_142751

荒川の河川敷を走っている時は、平坦な道で良かったのだが、市街地に入ったら交通量が多くて車道を通れないため、段差が多くて路面が荒れている歩道を走らざるを得なく、思いっきりスローダウン。

自転車レーンがある車道もあることにはあるのだが、すぐ横を車が走っていくのでめちゃくちゃ危ない。

ロードのような巡航速度が速い自転車なら、車と一緒に走る事も可能だが、電動アシスト自転車は規制のため24km/hでアシストが切れてしまうため、下手したら通常の自転車よりトップスピードは遅い。

凸凹歩道なんて、もはやアシスト力を強化しないと走ってられないので、強パワーで走り続けたら、35kmくらいでバッテリーが空になってしまった。

そしてバッテリー残量低下と共に、想像以上にアシスト力が落ちてくるという事に気付いた。

今までバッテリー空になるまで走った事なかったからなぁ…。

P_20180624_144023

マクドナルドで休憩を兼ねてバッテリーを充電。

エンジンなら航続距離なんか気にしなくても、ガソリンスタンドで給油できるのだが、電動では充電に時間がかかるし、そもそも充電できる場所が少ない。

電動化が進んでいる国では、バッテリーパックを充電済みの物と交換してくれるサービスもあるみたいだが、日本じゃ無理だな…。

P_20180624_182945

結局最後の方は、バッテリー残量低下によるアシスト力低下で、坂を登るのがきつくなり、PASを降りて押して登る始末。

それでも下り坂が続いてくれたおかげで、なんとかバッテリーギリギリで、7時間くらいかけて80kmの道のりを制覇できた。

というか、想像以上にきつかったので、2度としたくないです!

バッテリー残量低下によるアシスト力低下を考慮すると、1バッテリーで走れるのはせいぜい30kmがいいところ。

電圧計に表示される値は、フル充電時は28Vくらいだが、最終的には23Vくらいまで落ちていた。

最近はさらに高電圧の36Vタイプ(9セル?10セル)の電動アシスト自転車が主流になりつつあるので、そのうちPASも36Vタイプに変わるのかもしれない。

カテゴリー: バイク | コメントする